操作

天動説

天動説の図

天動説(てんどうせつ)、または地球中心説: Geocentrism

地球が宇宙の中央に位置して静止し,太陽,月などが地球のまわりを回るという説。太古の素朴な宇宙観は,アレクサンドリア時代にいたるまで徐々に発展し,観測研究を積重ねて,宇宙の中心にある地球を太陽,月,五大惑星,それに恒星をちりばめた天球がめぐっているというプトレマイオスの宇宙体系を生み出した。観測結果と合せるため,五大惑星の運行は地球の周囲を公転する1点の周囲を小円を描く複円運動によって説明される。この体系が 15世紀にコペルニクスの地動説が現れるまで,天文学の絶対的な権威として千数百年もの間君臨した。



Rakuten 楽天市場検索: