操作

星座

星座(せいざ、: constellation

天球上の恒星をいくつかずつ適当に組合せて,いろいろな形に見立てたもの。古代天文学においては,天体現象の叙述の基礎になった。北天の星座はギリシア時代から名づけられはじめ,今日用いられる名称の大半は,プトレマイオス以前のもので,当時の神話中の人物名などがかなりみられる。その後,天の南極付近の星々も分けられ,現在その数は 88であるが,うち4つはアルゴ座を分けたものである。 1930年国際天文学連合において星座の境界線が決められ,本来の目的である天球の区分という性質が明瞭になった。

テンプレート:星座/現代テンプレート:星座/歴史



Rakuten 楽天市場検索: