actions

小坂徳三郎


小坂 徳三郎(こさか とくさぶろう、1916年1月20日[1] - 1996年2月23日)は、日本実業家政治家信越化学工業社長・会長、信濃毎日新聞社長、衆議院議員運輸大臣(53代)などを歴任した。

来歴・人物

長野県長野市出身。府立高等学校を経て、1939年東京帝国大学経済学部を卒業後[1]朝日新聞社に入社する[1]。10年間、経済畑で新聞記者として活動した後、戦後の1949年信州に帰り、小坂財閥に復帰[2]。父の順造が創設した信越化学工業に入社し[2]、同社副社長から1956年に社長に就任し[2]、16年間務めた。この間、経済界・財界では若手経済人のホープとして評価され、経団連経済同友会などの役職について財界活動も始める。また、欧米への経済使節団に参加。1972年に辞任後、前年に死亡した叔父・小坂武雄の後を継ぎ、信濃毎日新聞の社長に就任したが、1973年に国務大臣として入閣したため、わずか1年で辞任している。

財界活動をしていた頃から、いつかは政界に打って出るという意欲を持ち、1969年第32回衆議院議員総選挙に、旧東京3区から自民党公認で立候補し、財界の支援もあり当選した。以後当選7回。

いずれは総理総裁として桂冠すると自他共に任じており、当選後すぐに派閥横断の政策集団「新風政治研究会」を結成した。主なメンバーには野中英二森美秀有馬元治西銘順治中山利生国場幸昌中村弘海綿貫民輔稲村利幸などがいた。

田中角栄も小坂の経済通であることと、明確な言動に目をかけ、1973年、第2次田中改造内閣総理府総務長官として起用する。小坂も内閣官房長官二階堂進とともに田中内閣を支え、特に労働問題では、春闘などをめぐり労働界に持っていた人脈を生かして活躍した。

その後の小坂は、二階堂や宏池会鈴木善幸らと勉強会として「二十一世紀クラブ」を作り、江崎真澄田村元なども加わり、田中派入りする。1978年第1次大平内閣経済企画庁長官1981年鈴木改造内閣運輸大臣を務めた。

竹下登への世代交代を望む派内の動きを牽制しようとする田中の後押しもあり、総理総裁候補として、大平、中曽根康弘とともに「大中小」、安倍晋太郎、竹下とともに「安竹小」と小坂の名も挙がるようになったが、運輸大臣時代に国鉄改革に積極的に動かなかったと見られたことが、中曽根や臨調会長であった土光敏夫の忌避に触れ、政財界の支持を失う一因になったとされる。1984年に超党派で日米議員連盟を設立し、初代会長に就任する。田中角栄が倒れ、竹下派と二階堂グループに分裂した際には、二階堂支持に回った。

1988年勲一等旭日大綬章受章。1990年に政界を引退し、1993年に信越化学工業会長として復帰する。1995年に同社最高顧問に就任し、第一線から退いた。

日本短波クラブ名誉会長を1978年から務めた。日本テニス協会会長を務めていた1992年6月、バブル崩壊のため、ジャパン・オープン・テニス選手権のスポンサーからサントリーが降りたとき、冠協賛金4億円を負担してもらえるよう、東京都知事鈴木俊一に話を持ち込み、朝日生命と東京都がダブルスポンサーとなった。自治体が賞金大会を協賛するのは異例のことであった[3]

1996年2月23日に80歳で没した。

家族関係

エピソード

参考文献

脚注・出典

  1. 1.0 1.1 1.2 『閨閥』、324頁。
  2. 2.0 2.1 2.2 『閨閥』、325頁。
  3. 冠大会に不況の風 スポンサーの降板目立つ 代役が見つからない例も 朝日新聞 1992年11月16日 夕刊3ページ
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 4.4 4.5 4.6 4.7 4.8 『財界家系譜大観』 第6版 - 第8版
  5. 『閨閥』、320-322頁。
  6. 6.0 6.1 『閨閥』、320-321頁、324頁。
  7. 7.0 7.1 7.2 『閨閥』、320-321頁。
  8. 『閨閥』、320-321頁、323頁。
  9. 9.0 9.1 『閨閥』、320-321頁、325頁。
  10. 『閨閥』、320-321頁、326頁。
  11. 『黒澤明vs.ハリウッド』文藝春秋


テンプレート:総理府総務長官