actions

坂本真綾

さかもと まあや
坂本 真綾
プロフィール
愛称 マーヤ
性別 女性
出生地 日本の旗 日本東京都板橋区
生年月日 (1980-03-31) 1980年3月31日(39歳)
血液型 A型
職業 声優女優歌手ナレーターラジオパーソナリティエッセイスト
事務所 フォーチュレスト
公式サイト Official web site 坂本真綾 【I.D.】
声優活動
活動期間 1988年 -
ジャンル アニメゲーム吹き替えナレーションラジオ
デビュー作 デーナ〈デーナバ・ギネス〉(『頑固じいさん孫3人』)
女優活動
活動期間 2003年 -
ジャンル 舞台ミュージカル
デビュー作 エポニーヌ(『レ・ミゼラブル』)
音楽活動
活動期間 1996年 -
ジャンル J-POPアニメソングゲームソング
職種 歌手作詞家
担当楽器 ピアノギター
レーベル
共同作業者 菅野よう子
岩里祐穂
河野伸
鈴木祥子
北川勝利
田村充義
声優テンプレート

坂本 真綾(さかもと まあや、1980年3月31日[1] - )は、日本声優女優歌手ナレーターラジオパーソナリティエッセイスト東京都板橋区出身[1]血液型はA型[1]東洋大学社会学部出身[2]。愛称はマーヤ。夫は声優の鈴村健一

人物

経歴

8歳頃から子役として活動[3][1]1993年OVAリトルツインズ』のチフル役で初の主演を務める。この頃は多数の洋画作品において日本語吹き替え声優として活動を行う。

1996年テレビアニメ天空のエスカフローネ』のヒロインである神崎ひとみ役を担当し、声優として一躍有名になる。また、オープニング主題歌「約束はいらない」の歌唱をきっかけに、菅野よう子の音楽プロデュースによる歌手活動を本格的に開始。同時期に自身初のラジオ番組『坂本真綾のないしょ話』のパーソナリティを務め、ラジオパーソナリティとしても活動を開始する。

2003年、女優としての活動を本格化。ミュージカル『レ・ミゼラブル』のオーディションに合格し、エポニーヌ役で出演[注 1]。テレビドラマ『末っ子長男姉三人』への岡田准一の元カノ役での出演の他、自身初主演の短編映画DVD『03†』も発売された。

2005年、初のエッセイ集『アイディ。』を出版。歌手活動では菅野よう子によるプロデュースから離れ、セルフプロデュースで音楽活動を開始。

2010年、歌手デビュー15年目を迎える。

2011年には、オリジナルアルバム『You can't catch me』が自身初、また声優単独としては史上2人目となるオリコンチャート首位を記録する。2月には37日間のヨーロッパ一人旅を書いた初の長編エッセイ『from everywhere.』を出版。8月には、公式サイトにて鈴村健一との結婚を報告した[4][注 2]

声優活動

声優としての活動は、海外作品の日本語吹き替え、ゲームやアニメ作品における声あてを中心に行っている。

洋画作品における日本語吹き替えは、子役時代から現在に至るまで数々の作品で担当しており、このキャリアは同世代の声優の中でも群を抜く。持ち役としてナタリー・ポートマンジェシカ・アルバキルスティン・ダンストなどがある。

活動の中において、特に『桜蘭高校ホスト部』は声優業が楽しいと感じるきっかけになった作品だと語っている[5]。また原作の最終回にあわせて作られたドラマCD内のスペシャル座談会では「ハルヒを演じる機会がもう二度となくても、ずっと忘れられない役になったと思います。本当にこの作品が好きですごく思い入れが大きいので、終わると思うと寂しいです」とコメント中に涙した[6]

『黒執事』における演技に関しては、他の作品と比べれば比較的低めの声で演じていた。この役作りに関しては作者の枢やなに「気だるい感じで」という演技を求められたという[7]。なお、本人によれば、少年声は自然に出るものではなく、原作を読んでイメージをとったつもりでもコントロールできないところも多かったという[8]

また、プラネタリウム番組のナレーションを行うほか、2010年以降は朗読劇への出演やUstreamにおける朗読番組のストーリーテラーを務めるなど、ナレーターとしての活動も盛んに行っている。

上述の『桜蘭高校ホスト部』や『黒執事』、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』や『PSYCHO-PASS』、『NARUTO』や『FINAL FANTASY VII』など、夫の鈴村と夫婦共演を果たしている作品も多い。

音楽活動

歌手としての活動は実質子役時代より行っており、当時は主にCMソングを歌唱していた[3]。本格的な歌手活動は、1996年にテレビアニメ『天空のエスカフローネ』へ出演したことがきっかけで始めており、同作のオープニングテーマソングである「約束はいらない」をシングルとして発売し、同年4月にビクターエンタテインメントよりデビューした。以降、声優・ラジオパーソナリティ・女優業と並行しながら活動を続け、2014年現在において、シングル24枚、オリジナルアルバム8枚、コンセプトアルバム3枚、コレクションアルバム3枚、ベストアルバム1枚、ライブDVD4枚を発表している。アニメのサウンドトラックにおける楽曲収録も多く、自身が声優として関わっていない作品の楽曲を担当することもある。作品および楽曲は、デビューから2003年まで菅野よう子がプロデュースを行っていたが、2005年以降は坂本自身が田村充義と共同で、2013年以降は坂本がセルフプロデュースを行っている。

オリコンチャートによる週間ランキングにおいては、2003年4月発表のシングル「tune the rainbow」が最高位9位を記録し、自身初の同チャートトップ10入りを記録したことを機にランクイン記録の上昇が見られる。中でも2008年4月発表の、テレビアニメマクロスF』オープニングテーマソングに起用されたシングル「トライアングラー」は、同チャート最高位3位を記録し、自身最大の売り上げとなった他、第13回アニメーション神戸賞では主題歌賞を受賞する高い評価を得た。アニメ自体にも物語中盤から声優として出演し、挿入歌の作詞を手掛けるなど、主題歌以外にも様々な形で関わった。また、2011年1月発表の7枚目のオリジナルアルバム『You can't catch me』では、過去の全作品を通じて自身初の首位を獲得した。声優単独によるオリコン週間アルバムチャート1位獲得は、2010年に水樹奈々が記録して以来史上2人目となる。

ライブやコンサートは、2007年頃まではファンクラブ『IDS!』の会員限定イベントやラジオ番組の公開収録ライブなどとして小規模に開催する程度であった。しかし、2009年に『坂本真綾 LIVE TOUR 2009「かぜよみ」』で自身初のホールツアーを開催して以降は、自身の30歳の誕生日となる2010年3月31日に声優の単独公演としては5人目となる日本武道館コンサートを開催、2012年の『坂本真綾 LIVE TOUR 2012「ミツバチ」』では12会場14公演のツアーを行うなど、精力的に活動している。

ライブコンサートでは楽曲提供で縁のあった菅野よう子河野伸北川勝利といったアーティストがバンマスを務めており、ドラムは佐野康夫の参加率が高い。

楽曲の歌詞は、自らで作詞を行うほか、主に日本語詞は岩里祐穂一倉宏、英語詞はTim Jensenやtroyなどから提供を受けている。2005年以降は、鈴木祥子をはじめとしたシンガーソングライター作詞家から提供された歌詞を歌うことも多い。また前述の通り、2008年にテレビアニメ『マクロスF』において挿入歌の作詞を行ったのを機に、作詞家としても数度歌詞提供を行っている。

その他

1997年にラジオドラマおよびテレビアニメ『CLAMP学園探偵団』のテーマソングを担当して以来、CLAMP原作の多数の作品において登場キャラクターの声を演じたり主題歌を担当するなどしている。

親交のある人物として、俳優山崎樹範を挙げている。1999年にテレビアニメ『メダロット』で共演し、2001年に舞台『BANGARE』で再び共演したことをきっかけに親交がある[9]

オアシスのファンである。2005年5月24日にはジョージ・ウィリアムズをゲストに招き、ドント・ビリーヴ・ザ・トゥルース(先行発売の前日)などの特集をあげた。

女優としても活動しており、『レ・ミゼラブル』においてはエポニーヌ役を2003年から2009年まで務めた。

2012年には、ジョン・ケアード演出のミュージカル『ダディ・ロング・レッグズ〜足ながおじさんより〜』のヒロインである、ジルーシャ・アボット役を演じた。ジルーシャ役の演技に対して第38回菊田一夫演劇賞・演劇賞を受賞した[10][11]

出演

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ

テンプレート:Dl2

劇場アニメ

テンプレート:Dl2

OVA

テンプレート:Dl2

Webアニメ

ゲーム

テンプレート:Dl2

ドラマCD

テンプレート:Dl2

ラジオドラマ

  • G-SAVIOUR(エリーシア・エルグ)
  • アニメイトON AIR!「オズの魔法使い」(ドロシー)
  • 青春アドベンチャーNHK-FM
    • 「これは王国のかぎ」(ミリアム/アズハル)
    • 「ツングース特命隊」(アンナ)
    • 「鷲の歌」(乙鶴)
    • 白狐魔記 蒙古の波」(雅姫)
    • 「白狐魔記 洛中の火」(雅姫)
    • 「白狐魔記 戦国の雲」(雅姫)
    • 「白狐魔記 天草の霧」(雅姫)
    • 「白狐魔記 元禄の雪」(雅姫)
    • 「1492年のマリア」(マリア)
    • 「また、桜の国で」(マジェナ)
  • TOKYO FMシナプス」内よ・み・き・か・せ
    • どうして どうして?
    • なにがほしいの、おうじさま?
    • はじめてのもり
    • パパだいすきママだいすき
  • TOKYO FM「Tokyo Copywriters' Street」
    • ぐるっとまわって 〜マフラーのうた〜
    • 数字のうた
    • 「それぞれ」の日記たち
    • 調査員<カグヤ>からのリポート
  • NHK-FM 特集オーディオドラマ 「アシマの銃、セギルの草笛」(キーラ)

吹き替え

担当女優

テンプレート:Dl2

映画

テンプレート:Dl2

ドラマ

テンプレート:Dl2

アニメ

その他

テンプレート:Dl2

ナレーション

DVD

  • ぱんだdeまふまふ(2006年6月23日/VIBY-5032)
  • 手のひら動物園 チンチラと子犬と仲間達(2007年4月25日/VIBY-5080)
  • ストレンヂア ナビゲーションDVD(2007年9月25日)
  • PERSONE MUSIC LIVE2009 -Velvetroom in Wel City Tokyo-(2010年6月23日、アイギス役として声の出演)

プラネタリウム番組

  • ALMA まだ見ぬ宇宙へ(サンシャインスターライトドーム満天)
  • Feel The Night Sky 星に恋して(川口市立科学館 サイエンスワールド内プラネタリウム、ディスカバリーパーク焼津・ときめき遊星館)
  • Telescope 〜宇宙への扉〜(川口市立科学館 サイエンスワールド内プラネタリウム、郡山市ふれあい科学館 スペースパーク、岡山天文博物館、日立シビックセンター科学館、和歌山市立こども科学館
  • Ocean in Mind 〜ホクレア号〜(川口市立科学館 サイエンスワールド内プラネタリウム)
  • Planet Cafe 〜星空の虹〜(川口市立科学館 サイエンスワールド内プラネタリウム)
  • 〜Planet Cafe〜夜空の宝石箱(サンシャインスターライトドーム満天
  • 〜Planet Cafe II〜星見るしあわせ(秋田ふるさと村星空探検館・スペーシア、さいたま市宇宙劇場、日立シビックセンター科学館)
  • 世界の星空 〜Music from 坂本真綾〜(サンシャインスターライトドーム満天)
  • 〜光と幻想のシンフォニー〜 神秘の光オーロラ(川口市立科学館 サイエンスワールド内プラネタリウム、サンシャインスターライトドーム満天)
  • Night Flight 世界の星空〜Music from 坂本真綾(サンシャインスターライトドーム満天)
  • 星の航海〜An Ocean In Mind〜(川口市立科学館 サイエンスワールド内プラネタリウム)
  • 宮沢賢治 〜双子の星〜
  • 夜空の宝石箱 〜Planet Cafe〜(秋田ふるさと村星空探検館・スペーシア)
  • 夜空の星物語 - ヨーロッパ編 - (コニカミノルタプラネタリウム "満天")
  • SNOWFLAKE 雪は天からの手紙(なよろ市立天文台きたすばる)
  • 天空の泉(戸田市こどもの国プラネタリウム)
  • 私が愛する天文台の街 あさくち(岡山天文博物館)
  • オーロラ・ 生命の輝き

デジタルコミック

ラジオ

テレビドラマ

その他のテレビ番組

  • 坂本真綾・君に届く声 〜ミュージック&ドキュメント〜(TBSチャンネル、2006年6月25日)
  • 坂本真綾 special -You can't catch me-(MUSIC ON! TV、2011年1月16日)
  • COMPASS 〜未来航路〜(日本テレビ、2012年4月 - 9月)
  • 突撃! 日本ごちそう100景2(テレビ東京、2012年5月11日)- ナレーション
  • ヒカリノモリ日本テレビ、2012年10月1日 - 12月24日) - ナビゲーター
  • やついフェスティバル〜渋谷が一番アツイ日!新感覚ライブイベント〜(NHK BSプレミアム、2013年7月21日) - ナレーション
  • NHKドキュメンタリー「逆・転・人・生」(NHK総合、2017年5月8日)- ナレーション

アプリ

  • FROG MINUTE(ナレーション)
  • マリアラーム(真希波・マリ・イラストリアス)

パチンコ・パチスロ機

朗読番組

舞台

雑誌

  • TVBros 表紙(2010年2月20日号)
  • CD Journal 表紙(2010年4月号・2011年2月号)
  • MUSIC MAGAZINE 表紙・特集(2010年4月号)
  • cast vol.47 表紙・特集(2013年3月27日発売号)
  • 音楽と人 表紙・特集(2014年9月号)
  • 別冊カドカワDirecT 08 BACK COVER SPECIAL(2017年12月27日発売)ISBN 978-4048961257

ライブ・コンサート

  • タナボタ1(渋谷ON AIR EAST 2000年8月14日)
  • THINKS2000(渋谷クラブクアトロ
  • LUCY's WEB(池袋サンシャイン)
  • Lucy〜タナボタ2(渋谷ON AIR EAST 2001年5月3日・4日 心斎橋クラブクアトロ 5月6日)
  • タナボタ3(渋谷O-EAST 2004年3月10日・11日/なんばHatch 3月13日/SHIBUYA-AX 3月29日)
  • IDS!会員限定!! 坂本真綾トーク&ライブ(2004年5月1日 心斎橋BIGCAT/5月16日 ラフォーレミュージアム六本木
  • 夕凪LOOP発売記念フリー(六本木ヒルズ野外ステージ)
  • ファンクラブ会員限定(SHIBUYA-AX 2005年10月23日/札幌ペニーレーン24 10月30日/仙台エルパーク 11月1日/名古屋ダイアモンドホール 11月3日/福岡DRUMLOGOS 11月5日/大阪BIGCAT 11月6日)
  • IDS! in プラネタリウム(サッポロスターライトドーム 2006年11月11日/ふるさと村プラネタリウム スペーシア 11月12日/ラフォーレ琵琶湖 11月18日/大塔コスミックパーク 11月19日/文化パルク城陽 12月3日)
  • IDS! in 銀河劇場(天王洲 銀河劇場 2006年12月29日・30日)
  • IDS in Spring 2008(ペニーレーン24 2008年3月11日/エルパーク仙台スタジオホール 3月16日/DRUM LOGMS 3月16日/Zepp Osaka 3月17日/Zepp Nagoya 3月18日/Zepp Tokyo 3月23日)
  • TBSラジオ坂本真綾地図と手紙と恋のうた presents WORDS and MUSIC(東京グローブ座 2008年6月21日・22日)
  • 坂本真綾 LIVE TOUR 2009「かぜよみ」(名古屋市芸術劇場 2009年1月21日/大阪厚生年金会館 1月22日/東京国際フォーラム 1月24日)
  • 坂本真綾 IDS!2009 FC LIVE TOUR 〜1/TEAM IDS!〜(Zepp Sendai 2009年9月4日/Zepp Sapporo 9月6日/Zepp Tokyo 9月12日/Zepp Nagoya 9月23日/Zepp Osaka 9月25日/Zepp Fukuoka 9月26日)
  • 坂本真綾 プレミアムイベント(府中の森芸術劇場 2010年2月13日)
  • 坂本真綾15周年記念LIVE「Gift」(日本武道館 2010年3月31日)
  • 坂本真綾 IDS! EVENT 2010 「from everywhere.」(赤坂ACTシアター 2010年9月18日・19日/御堂会館 9月25日・26日)
  • MUSIC ON! TV×うたとも® 坂本真綾 NEW ALBUM "You can't catch me" リスニングパーティー(渋谷Mt.RAINIER HALL 2010年12月20日)
  • 坂本真綾 LIVE TOUR 2011「You can't catch me」(厚木市文化会館 2011年3月5日/Zepp Fukuoka 3月11日/名古屋センチュリーホール 3月26日/大阪国際会議場 メインホール 3月27日/中野サンプラザ 3月30日・3月31日/東京国際フォーラム 6月3日・4日[注 4]/Zepp Sapporo 6月7日[注 4]/Zepp Sendai 6月15日[注 4]
  • 第17回NECフィールディング世界遺産劇場 ‐富岡製糸場‐ 坂本真綾ライブ“Open Air Museum”(富岡製糸場 中庭特設ステージ 2011年9月19日)
  • 坂本真綾 LIVE 2011「in the silence」(天王洲 銀河劇場 2011年12月13日・14日・16日-18日)
  • 坂本真綾 IDS! EVENT 2012「winter songs」(郡山HIPSHOT JAPAN 2012年1月28日/盛岡ペルソナ 1月29日/Zepp Nagoya 2月5日/Zepp Osaka 2月11日/Zepp Fukuoka 2月12日/Zepp Sendai 2月17日/Zepp Sapporo 2月19日/Zepp Tokyo 2月26日)
  • 坂本真綾 LIVE TOUR 2012「ミツバチ」(オリンパスホール八王子 2012年11月14日/大宮ソニックシティ 11月20日/新潟テルサ 11月25日/東京ドームシティホール 12月3日/ベイシア文化ホール 12月7日/ひめぎんホール サブホール 12月13日/アステールプラザ 大ホール 12月15日/福岡サンパレスホテル&ホール 12月16日/大阪国際会議場 メインホール 12月18日・19日/札幌市民ホール 12月22日/東京エレクトロンホール宮城 12月24日/愛知県芸術劇場 大ホール 12月27日/中野サンプラザ 12月30日・31日)
  • 坂本真綾 LIVE TOUR 2013「Roots of SSW」(大阪国際会議場 メインホール 2013年3月30日・31日/愛知県芸術劇場 大ホール 4月19日・20日/Bunkamura オーチャードホール 4月24日・25日)
  • IDS! 10th Anniversary EVENT 2013(Zepp DiverCity 2013年9月7日・8日/仙台市民会館 小ホール 9月14日/Zepp Sapporo 9月16日/Zepp Namba 9月21日/ Zepp Fukuoka 9月22日/Zepp Nagoya 9月28日/日比谷野外大音楽堂 10月20日)
  • 「SAVED./Be mine!」「Be mine!/SAVED.」発売記念〜スペシャルライブ(東京都内某所 2014年4月11日/金沢市内某所 4月19日/京都市内某所 4月20日)
  • 坂本真綾 IDS! EVENT 2014「ボナペティ!」(エル・シアター 2014年11月1日・2日/豊洲PIT 11月23日・24日)
  • 坂本真綾20周年記念LIVE「FOLLOW ME」(さいたまスーパーアリーナ 2015年4月25日)
  • 第26回JTB世界遺産劇場 ‐嚴島神社‐ 坂本真綾 20th Anniversary Special Live Open Air Museum 2015(厳島神社高舞台 2015年5月30日)
  • 坂本真綾 LIVE TOUR 2015-2016「FOLLOW ME UP」(ハーモニーホール座間 大ホール 2015年11月21日/仙台イズミティ21 大ホール 12月4日/大宮ソニックシティ 12月5日/新潟市民芸術文化会館・劇場 12月11日/わくわくホリデーホール 12月13日/愛知県芸術劇場 大ホール 12月27日/東京国際フォーラム ホールA 12月30日・31日/オリックス劇場 2016年1月9日/静岡市民文化会館 中ホール 1月11日/アルファあなぶき 小ホール 1月16日/JMSアステールプラザ 大ホール 1月17日/福岡市民会館 1月24日/中野サンプラザ 2月6日・7日)
  • 第34回世界遺産劇場 ‐嚴島神社‐ 平清盛公生誕九百年 前年祭 坂本真綾 Open Air Museum 2017(厳島神社高舞台 2017年6月3日・4日)
  • 坂本真綾 IDS! EVENT 2017 TODAY'S SPECIAL(Zepp Namba 2017年9月10日/仙台PIT 9月16日/Zepp Sapporo 9月18日/福岡DRUM LOGOS 9月23日/熊本B.9 V1 9月24日/Zepp DiverCity 9月30日・10月1日/Zepp Nagoya 10月9日)
  • 坂本真綾 LIVE TOUR 2018「ALL CLEAR」(大阪国際会議場 メインホール 2018年3月10日・11日/TICC(台北国際会議場) 3月17日/香港Asia World Expo Runway11 3月24日/NHKホール 3月31日・4月1日)
  • ハロー、ハロー」リリース記念 プレミアムイベント(東京都内某所 2018年7月13日/福岡市内某所 7月15日)
  • 坂本真綾 IDS! EVENT 2018 STAND UP!(Zepp Namba 2018年11月25日/Zepp DiverCity 12月1日・2日)

イベント参加・出演

ディスコグラフィ

シングル

発売日 タイトル 規格品番 オリコン
最高位
初回限定盤 通常盤
1 1996年4月24日 約束はいらない VIDL-10764 44位
2 1997年9月22日 Gift VIDL-30035 圏外
3 1998年4月22日 奇跡の海 VIDL-30202 43位
4 1998年11月21日 走る VIDL-30370 87位
5 1999年10月21日 プラチナ VIDL-30450 21位
6 2000年6月21日 指輪 VIDL-30497 30位
7 2000年8月23日 しっぽのうた VIDL-30506 39位
8 2000年12月16日 マメシバ VIDL-30514 47位
9 2002年2月21日 ヘミソフィア VICL-35358 22位
10 2003年2月21日 gravity VICL-35459 23位
11 2003年4月2日 tune the rainbow VICL-35483 VICL-35472 9位
12 2005年5月11日 ループ VICL-35791 7位
13 2006年6月14日 風待ちジェット/スピカ VICL-36059 14位
14 2007年11月21日 さいごの果実 VTCL-35008 19位
15 2008年4月23日 トライアングラー VTCL-35024 3位
16 2008年10月29日 雨が降る VTCL-35045 9位
17 2009年11月11日 マジックナンバー VTCL-35077 12位
18 2010年10月20日 DOWN TOWN/やさしさに包まれたなら VTZL-16 VTCL-35092 5位
2011年1月19日 FMR-184(アナログ盤)
19 2011年10月19日 Buddy VTZL-29 VTCL-35119 10位
20 2011年10月26日 おかえりなさい VTZL-31 VTCL-35120 8位
21 2012年7月25日 モアザンワーズ VTZL-44 VTCL-35133 16位
22 2013年7月31日 はじまりの海 VTZL-68 VTCL-35160 19位
23 2014年2月5日 SAVED./Be mine! VTZL-71 VTCL-35171 7位
Be mine!/SAVED. VTZL-72 VTCL-35172
24 2014年8月20日 レプリカ VTZL-85 VTCL-35190 17位
25 2015年1月28日 幸せについて私が知っている5つの方法/色彩 VTZL-96 VTCL-35199 9位
2015年6月17日 あなたを保つもの/まだうごく [注 5] VTCL-35211 18位
26 2016年7月27日 Million Clouds VTCL-35235 24位
27 2018年1月31日 CLEAR VTCL-35268 13位
28 2018年5月23日 ハロー、ハロー VTCL-35273 15位
29 2018年7月25日 逆光 VTCL-35282(MAAYA盤)
VTCL-35283(FGO盤)
4位

配信限定シングル

発売日 タイトル
1 2010年6月12日[注 6] 美しい人
2 2013年10月30日[注 7] セクレアール
3 2015年4月1日[注 8] これから

アルバム

2010年3月24日にVictor時代の作品が再発売。

オリジナルアルバム

発売日 タイトル 規格品番 オリコン
最高位
初回限定盤 通常盤 再発盤
1 1997年4月23日 グレープフルーツ VICL-60012 VTCL-60211 76位
2 1998年12月14日 DIVE VICL-60320 VTCL-60212 44位
3 2001年3月28日 Lucy VICL-60702 VTCL-60214 16位
4 2003年12月10日 少年アリス VICL-61165 VTCL-60217 8位
5 2005年10月26日 夕凪LOOP VIZL-155 VICL-61755 VTCL-60218
6 2009年1月14日 かぜよみ VTZL-8 VTCL-60085 3位
7 2011年1月12日 You can't catch me VTZL-22 VTCL-60209 1位
8 2013年3月27日 シンガーソングライター VTZL-60 VTCL-60340 6位
9 2015年9月30日 FOLLOW ME UP VTZL-120 VTCL-60420 4位

ベストアルバム

発売日 タイトル 規格品番 オリコン
最高位
初回限定盤 通常盤
1 2010年3月31日 everywhere VTZL-15 VTCL-70001/2 3位

ミニアルバム

発売日 タイトル 規格品番 オリコン
最高位
初回限定盤 通常盤 再発盤
1 2001年8月8日 イージーリスニング VICL-60760 VTCL-60215 12位
2 2007年3月21日 30minutes night flight VIZL-222 VICL-62300 VTCL-60219 12位
3 2011年11月9日 Driving in the silence VTZL-33 VTCL-60278 3位

シングルコレクション

発売日 タイトル 規格品番 オリコン
最高位
初回限定盤 通常盤 再発盤
1 1999年12月16日 シングルコレクション+ ハチポチ VICL-60507 VTCL-60213 14位
2 2003年7月30日 シングルコレクション+ ニコパチ VIZL-85 VICL-61158 VTCL-60216 3位
3 2012年11月14日 シングルコレクション+ ミツバチ VTZL-50 VTCL-70006 9位

配信限定アルバム

発売日 タイトル 規格品番
1 2007年3月21日 「地図と手紙と恋のうた」より-春 VEAML-21298
2 2014年2月5日 LIVE 2013“Roots of SSW”

その他のアルバム

発売日 タイトル 規格品番 オリコン
最高位
初回限定盤 通常盤
トリビュート 2015年4月22日 REQUEST VTZL-99 VTCL-60396 13位
ライブ 2016年7月27日 LIVE TOUR 2015-2016“FOLLOW ME UP”FINAL at 中野サンプラザ VTZL-121 VTCL-60431/2 12位

映像作品

ライブ映像

タイトル 発売日 規格品番 オリコン
最高位
BD DVD
1 坂本真綾 LIVE TOUR 2009 "WE ARE KAZEYOMI!" 2009年5月20日 VTBL-4/5 3位
2 坂本真綾15周年記念ライブ "Gift" at 日本武道館 2010年8月11日 VTXL-2 VTBL-11/2 9位
3 坂本真綾 LIVE 2011 "in the silence" 2012年5月30日 VTXL-4 VTBL-13/4 15位
4 坂本真綾 COUNTDOWN LIVE 2012→2013 〜TOUR“ミツバチ”FINAL〜 2013年6月12日 VTXL-16 VTBL-26/7 2位
5 坂本真綾20周年記念LIVE“FOLLOW ME”at さいたまスーパーアリーナ 2015年11月25日 VTXL-25 VTBL-29/30 15位

その他の映像作品

タイトル 発売日 規格品番 オリコン
最高位
DVD BD
MV集 MAAYA BEST CLIPS 2013年1月23日 VTBL-21 VTXL-11 85位(BD)/177位(DVD)
ショートムービー 03† 2003年12月10日 VIBF-135
ミュージカル 「ダディ・ロング・レッグズ」2017年版キャストDVD 2018年4月27日 TOHO-VD-1804

歌手参加楽曲

発売日 商品名 楽曲 備考
1997年
3月21日 「CLAMP学園探偵団」MINI SOUND TRACK 坂本真綾 「ボクらの歴史」 TBSラジオラジオドラマCLAMP学園探偵団』テーマソング
1999年
3月17日 デバイスレイン サウンドトラック 坂本真綾 「Teens」 ゲーム『デバイスレイン』主題歌
2000年
2月10日 dream power-翼なき者たちへ- A・G・A・S 「dream power-翼なき者たちへ-」 文化放送A&Gゾーン』イメージソング
7月5日 エスカフローネ オリジナル・サウンドトラック 坂本真綾 「指輪(Movie Version)」 テレビアニメ『天空のエスカフローネ』
「You're not alone」 劇場アニメ『エスカフローネ』イメージソング
10月21日 Escaflowne Prologue 1 Earth 「指輪(Acoustic Version)」 テレビアニメ『天空のエスカフローネ』
Escaflowne Prologue 2 GAEA
2001年
5月23日 地球少女アルジュナ オリジナルサウンドトラック2 オンナの港 坂本真綾 「サンクチュアリ」 テレビアニメ『地球少女アルジュナ』DVD版エンディングテーマ
「さいごのマメシバ」 テレビアニメ『地球少女アルジュナ』グランドエンディングテーマ
2002年
5月22日 23時の音楽 坂本真綾 「Here」
「ダニエル」
「Kissing the christmas killer」
「Trust me」
「ファド」
「Toto」
テレビドラマ『真夜中は別の顔(NHK版)』挿入歌
2003年
8月27日 ゲームボーカルベスト〜志倉千代丸楽曲集Vol.1〜 坂本真綾 「Teens」 ゲーム『デバイスレイン』主題歌
2004年
1月21日 WOLF'S RAIN O.S.T.2 坂本真綾 「cloud9」 テレビアニメ『WOLF'S RAIN』イメージソング
「Tell me what the rain knows 」 テレビアニメ『WOLF'S RAIN』グランドエンディングテーマ
2005年
3月30日 CLAMP15周年記念CD&DVD BOX CLAMPAZAR 〜クランパザール〜 坂本真綾 「ボクらの歴史」 TBSラジオラジオドラマCLAMP学園探偵団』テーマソング
2007年
10月24日 OVA「CLAMP IN WONDERLAND 1&2」主題歌コレクション<PRECIOUS SONGS> 坂本真綾 「action!」 OVA『CLAMP IN WONDERLAND2』オープニングテーマ
2008年
5月2日 CMようこ 坂本真綾 「チョコと勇気」 チロルチョコ(バレンタイン編)』CMソング
2009年
7月1日 Napple Tale 怪獣図鑑(再発盤) 坂本真綾 「春のペタル」
「夏のペタル」
「秋のペタル」
「冬のペタル」
「すすむとき」
「もどるとき」
テレビゲーム『ナップルテール』イメージソング
「Dreams in a pie」 テレビゲーム『ナップルテール』エンディングテーマ
2011年
3月2日 冨田恵一 WORKS BEST 〜beautiful songs to remember〜 坂本真綾 「エイプリルフール feat. 坂本真綾」
2012年
4月4日 From Your Pianist 坂本真綾 「Lazy Line Painter Jane feat. Sakamoto Maaya」
2014年
6月18日 「ダディ・ロング・レッグズ〜足ながおじさんより〜」ハイライト・スタジオ録音盤CD 坂本真綾 「一番年上のみなし児」
「この人は誰?」
「ヤな子」
「幸せの秘密」
「世界で一番わからない人」
「あなたの目の色(リプライズ2)」
ミュージカル『ダディ・ロング・レッグズ〜足ながおじさんより〜』
井上芳雄坂本真綾 「ミスター女の子嫌い」
「他の子のように」
「知らなかったこと」
「あなたの目の色」
「ロックウイロー」
「あなたの目の色(リプライズ1)」
「ショーウィンドウの女の子」
「幸せの秘密(リプライズ)」
「卒業式」
「心を引き裂いた」
「卒業式(リプライズ)」
「ヤな奴(リプライズ)」
「いつも」
8月27日 瞳でEle-phant! 坂本真綾[注 9] 「瞳 Fall in Love 〜20周年記念バージョン」
2016年
11月30日 SUPERFINE 坂本真綾 「荒川小景 feat.坂本真綾」
2017年
7月7日 The best covers of DREAMS COME TRUE ドリウタ Vol.1 坂本真綾 「三日月」
2018年
3月21日 デザインあ 2 坂本真綾 「ともるひかる」 NHK Eテレデザインあ』オリジナル・サウンドトラック第2弾
9月19日 tribute to the band apart 「明日を知らない」 the band apart TRIBUTE ALBUM

キャラクターソング

発売日 商品名 楽曲 備考
1999年11月3日 夜明けの風ききながら 桂木萌 (坂本真綾) 「夜明けの風ききながら」 テレビアニメ『臣士魔法劇場 リスキー☆セフティ』主題歌
2000年1月7日 荒野のメダロット/夢色ロリポップ カリン(坂本真綾 「夢色ロリポップ」 テレビアニメ『メダロット』関連曲
2008年12月3日 マクロスF(フロンティア)VOCAL COLLECTION 娘たま♀ 蘭雪(坂本真綾 「アイモ〜こいのうた〜」 テレビアニメ『マクロスF』関連曲
蘭雪(坂本真綾)、ランカ・リー中島愛 「母と子ランカのアイモ」

作詞提供

CMソング

書籍

雑誌連載

  • the id: [イド](公式サイトエッセイ、不定期更新)
  • おんがくtoわたし〜everywhere(CDJournal公式ウェブサイト、2010年3月24日 - 4月28日)
  • 坂本真綾のこの歌が好き(『FRaU』2012年4月号 - 6月号)
  • 坂本真綾のま、いいんじゃない?(HMV月刊フリーペーパー『the music master』ISSUE165〜175)
  • 坂本真綾の満腹論(『月刊Newtype』2008年4月号 - )
  • 真綾的電脳生活(『声優グランプリ』1999年3月号 - 2004年1月号)

脚注

注釈

  1. 2009年公演まで6年間担当。
  2. 2011年8月8日に入籍。公式な報告は5日後の8月13日だった。
  3. 両日とも第2部→第1部の順に上演。
  4. 4.0 4.1 4.2 東日本大震災の影響による振替公演
  5. 「坂本真綾 コーネリアス」名義
  6. 着うたおよび着うたフル限定配信。着うたフルのみ6月30日までの期間限定配信。アルバム『You can't catch me』に収録。
  7. iTunesレコチョク他にて一斉配信。23rdシングルに、日本語バージョン「声」を収録。
  8. レコチョク、iTunes他、音楽配信サイト(ハイレゾ含む)にて一斉配信。
  9. 愛河里花子新居昭乃飯塚雅弓金月真美小林由美子コミネリササエキトモ新谷良子千菅春香千葉紗子POARO伊福部崇鷲崎健)、松本梨香水野愛日山本麻里安

出典

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 PROFILE”. *- Victor artist web site 坂本真綾 【I.D.】-*. . 2015閲覧.
  2. 鈴木亮平、能崎真琴、國島恭史 『東洋大学出身の挑戦者たち』 東洋大学生活協同組合、2013年 
  3. 3.0 3.1 坂本真綾ロングインタビュー 前編”. Zigsow LOUNGE. Zigsow (2008年). . 2014閲覧.
  4. ご報告”. . 2011閲覧.
  5. 取材/文・ヨリモ編集デスク 大和太郎. “坂本真綾さん、歌手デビュー15年を語る”. yorimo. 2011年5月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。. 2011閲覧.
  6. 『LaLa』2010年10月号、『LaLaDX』2010年11月号 応募者全員サービスドラマCD「桜蘭高校ホスト部 クライマックスドラマCD」、白泉社
  7. 『月刊Gファンタジー』2009年10月号、スクウェア・エニックス
  8. 斉藤貴志. “シエル役 坂本真綾スペシャルインタビュー”. アニカンJP. 2009年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。. 2009閲覧.
  9. 坂本真綾. “坂本真綾を語る12人の優しい人たち”. Victor Entertainment. . 2010閲覧.
  10. 菊田一夫演劇賞-映画演劇文化協会”. . 2013閲覧.
  11. 第38回菊田一夫演劇賞発表” (2013年5月23日). . 2013閲覧.
  12. 超機動街区 KASHIWA-NO-HA”. 三井不動産レジデンシャル. 2015年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。. 2015閲覧.
  13. スタッフ&キャスト”. 「暦物語」公式サイト. . 2015閲覧.
  14. キャスト&スタッフ”. 映画「オズ めざせ! エメラルドの国へ」公式サイト. 2014年11月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。. 2014閲覧.
  15. “長澤まさみ、大橋卓弥、トレエン斎藤、大地真央ら10名が「SING」吹替版に参加”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2017年1月30日). http://natalie.mu/eiga/news/218662 . 2017閲覧. 
  16. PS Vita「htoL#NiQ -ホタルノニッキ-」ナレーションに坂本真綾さんを迎えた朗読ムービー第1弾が公開”. ゲーム総合情報サイト Gamer (2014年4月7日). . 2017閲覧.
  17. 西尾維新大辞展”. 講談社. . 2017閲覧.
  18. CHARACTER”. パチスロ ゴッドイーター公式サイト. . 2015閲覧.
  19. キャラクター”. [山佐公式]パチスロ スタードライバー. . 2015閲覧.
  20. ストーリー”. CRペルソナ3公式サイト. 2015年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。. 2015閲覧.
  21. “井上芳雄×坂本真綾「ダディ・ロング・レッグズ」が3年ぶりに上演”. ステージナタリー. (2016年12月7日). http://natalie.mu/stage/news/212339 . 2016閲覧. 
  22. 「ビクターロック祭り大阪」最終発表で坂本真綾、THE BACK HORN” (2018年9月8日). . 2018閲覧.
  23. フライングドッグ「犬フェス!」に坂本真綾、ALI PROJECT、新居昭乃”. 音楽ナタリー (2018年9月7日). . 2018閲覧.

外部リンク

テンプレート:坂本真綾 テンプレート:フォーチュレスト