actions

秋田ふるさと村

秋田ふるさと村
施設情報
愛称 Kamakuland
テーマ 秋田県、秋田県の食文化など
事業主体 秋田県
管理運営 株式会社秋田ふるさと村(指定管理者)
面積 164,936.81m2
来園者数 692,534人(平成22年度)[1]
開園 1994年4月20日
所在地 013-0064
秋田県横手市赤坂字富ケ沢62-46
位置 北緯39度17分36.06秒
東経140度32分46.34秒
公式サイト http://www.akitafurusatomura.co.jp/
テンプレートを表示


秋田ふるさと村(あきたふるさとむら)は、秋田県横手市にある秋田県立のテーマパーク。愛称はKamakuland(カマクランド)。正式名称は秋田県ふるさと村[2]

概要

1994年4月に開村した。近代美術館を除き管理運営は、指定管理者制度によって秋田県の第三セクター「株式会社秋田ふるさと村」が行っている[3]マスコットキャラクター秋田犬の「ノブくん」。秋田県の魅力を紹介するテーマパークで、名産品・特産物の展示・販売、工芸品の制作実演の見学や、実際に体験できる工房もある。

敷地内には、秋田県立近代美術館プラネタリウムトリックアートなどのアミューズメントのほか郷土料理も楽しめる。

施設内のドーム劇場では、年末年始の映画上映など、さまざまなイベントが行われる。1999年7月(秋田では初)、2000年7月にはモーニング娘。のコンサートを開催した。2009年9月には、『第4回B-1グランプリ in YOKOTE』の2会場のうちの1つになった(もう1会場は横手市中心部)。

開村後、しばらくは有料施設の入館料のほかに入村料(共通券:1,600円ほか)を徴収していたが、1999年に入村無料となった。

所在地

営業時間

  • 9:30 - 17:00
    • 毎年施設の点検などのため短期間休村する(※休村期間は毎年異なる)

主な施設

主なアトラクション

マスコット

  • マスコットキャラクター、秋田犬の「ノブ君」の名前は白瀬矗に由来する[4]

アクセス

鉄道
東日本旅客鉄道(JR東日本) 奥羽本線北上線横手駅から羽後交通ふるさと村線で15分
自動車
秋田自動車道 横手ICから約3分

脚注

外部リンク

テンプレート:B-1グランプリ