actions

ヘレーン

ヘレーンあるいはヘッレーン古希: Ἕλλην, Héllēn)は、ギリシア神話の人物である。デウカリオーンピュラーの息子で[1]古代ギリシア人の名祖とされる[1]。古代ギリシア人は自分たちをヘレーンの一族(ヘレーネス)と自称した。

長母音を省略してヘレンヘッレンとも表記される。

概説

系譜

プロメーテウスの子デウカリオーンは、エピメーテウスパンドーラーの娘であるピュラーを妻とし[2]、そのあいだに最初に生まれたのがヘレーンである。しかし別の説では、ヘレーンはゼウスの息子であるともされる[2]。また更に別の説では、彼はプロメーテウスの息子ともされ[3]、デウカリオーンの兄弟とされる[4] 。それは「青銅の時代」を終焉させた大洪水の後のことで、人間の種族が地上で再び栄え、「英雄時代」が始まった頃である。

アッティカ王(アテーナイ王)アムピクテュオーンプロートゲネイア(「最初に生まれた女」の意)はヘレーンの弟と妹とされる[2]

子孫

ヘレーンは、ペーネイオス河とアイソーポス河のあいだにあるテッサリアー地方のプティーアーの王と見なされていた。彼の王位は息子アイオロスによって継承された[5]

ヘレーンは山のニュンペーであるオルセーイスを妻とし、そのあいだにドーロスクスートスアイオロスの兄弟が生まれた[1]。ヘレーンは息子たちにギリシアの土地を分けて与え、彼らはそれぞれの土地を支配した。クスートスはペロポネーソスの地を得、ドーロスはコリントス湾をはさんだペロポネーソス半島の対岸の地域を得た[注釈 1]。一方、アイオロスはテッサリアー地方とその周辺の土地を得た。ドーロスはドーリア人の祖とされ、またアイオロスはアイオリス人の祖とされる[6]

他方、クスートスはエレクテウスの娘クレウーサより二人の息子アカイオスイオーンを得、二人はそれぞれアカイア人イオーニア人の祖とされた[6]。ヘレーンの子孫たち(ヘレーネス、ヘレーンたち)は古代ギリシアの諸部族の名祖とされ、ヘレーン自身はギリシア人の祖とされたが、実際は事態は逆で、古代ギリシア人の名祖としてヘレーンという人物が創作されたとも言うべきである[4] [7]

系図

テンプレート:デウカリオーンの系図

脚注

注釈

  1. ストラボンによればパルナッソス山の周辺地域[5]

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 アポロドーロス、1巻7-2 - 7-3。
  2. 2.0 2.1 2.2 アポロドーロス、1巻7-2。
  3. Grimal, p.190。
  4. 4.0 4.1 呉茂一『ギリシア神話』、p.42。
  5. 5.0 5.1 ストラボン、8巻7-1。
  6. 6.0 6.1 アポロドーロス、1巻7-3。
  7. 『ギリシア・ローマ神話辞典』、p.258。

参考文献

  • アポロドーロスギリシア神話高津春繁訳、岩波文庫 1953年、1982年改版36刷
  • ストラボン『ギリシア・ローマ世界地誌』飯尾都人訳、龍渓書舎 1994年
  • 呉茂一 『ギリシア神話』 新潮社 1969年、1986年33刷
  • 高津春繁編著 『ギリシア・ローマ神話辞典』 岩波書店、1960年、2007年27刷
  • Pierre Grimal The Dictionary of Classical Mythology Blackwell Publishing, 1986, ISBN 978-0-631-20102-1