actions

イオーン

イオーンギリシア語Ἴων、Iōn)は、ギリシア神話の人物。エレクテウスの娘でクスートスの妻であるクレウーサの私生児[1]。日本語では長音を省略してイオンとも呼称される。

神話

エウリーピデースの悲劇『イオーン』では、次のような神話が語られる[2]。クレウーサはアポローンとの間に設けた息子のイオーンを、父の怒りを買うことを恐れて捨てた。アポローンはヘルメースに、イオーンをゆりかごからつれてくるよう依頼した。イオーンはデルポイの神託所の巫女によって守り育てられた。後に、クレウーサを娶ったクスートスは「神託所を出て最初に出会った人物が息子である」との神託を受け、その人物こそイオーンであった。彼はその神託を、イオーンが自分の実の息子であると解釈したが、アポローンは彼を養子として与えようとしていたのであった。クレウーサは未だクスートスとの間に子供をもうけておらず、イオーンを夫の庶子だと思い込んで嫉妬し、彼の殺害を企てた。同じ頃、イオーンはクレウーサに害を与えようとしていた。最終的に、巫女が保管していたゆりかごから、クレウーサは彼が自分の息子であり、クスートスはただ彼を養子に迎えただけだということに気がつく。

他の伝承によれば、イオーンはアカイア地方の都市・ヘリケーEnglish版(現代のエリキEnglish版)を発見したとされる。この伝承において、イオーンはアポローンの子ではなく、セリーノス王の統治する地に暮らしていたクスートスの息子とされる。彼はセリーノスの娘でヘリケーという名の王女と結婚し、セリーノスの死後王位についた[2]。さらに妻の名からとってヘリケーの街を建て、王国の首都とした。後に彼はエレウシスを侵攻していたアテナイ人に将として招かれ[2]、エレウシス近郊での戦闘中に死亡した。

イオーンはまた、イオニア人の祖とも言われている。また、ヘブライ語聖書で言及されるヤワン(Javan)と同一視される場合もある[3]。初期のギリシア語では、イオーンの名前は*Ἰάϝων (Iáwōn) であったと考えられ、のちにディガンマが欠落してἸάων (Iáōn) [4]、あるいは叙事詩などに見られる複数形のIáonesに変化したとされる[5][6]。加えて、アレクサンドリアのディオニュシウスEnglish版は、アルカディアにイアーオーン (Iaon) と呼ばれる川があると伝えている。このイアーオーン川は、ヘーシオドスのカリマコス讃歌でも言及されている。

系図

テンプレート:パンディーオーンの系図

脚注

  1. ヘーシオドス『名婦列伝』断片10(a).
  2. 2.0 2.1 2.2 高津、p.49
  3. Bromiley, Geoffrey William (General Editor) (1994). The International Standard Bible Encyclopedia: Volume Two: Fully Revised: E-J: Javan. Grand Rapids, Michigan: Wm. B. Eerdmans Publishing. pp. 971. 0-8028-3782-4{{#invoke:check isxn|check_isbn|0-8028-3782-4|error={{#invoke:Error|error|{{ISBN2}}のパラメータエラー: 無効なISBNです。|tag=span}}}}.
  4. Woodhouse’s English-Greek Dictionary, 1910, p. 1014
  5. ヘーシオドス『名婦列伝』断片10(a).23. "Ἰάονά τε κλυ]τόπωλ[ο]ν"
  6. イーリアス』第13歌、685行 "Ἔνθα δὲ Βοιωτοὶ καὶ Ἰάονες ἑλκεχίτωνες"(John Pairman Brown, Israel and Hellas (1995), p.82)

参考文献

  • 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』岩波書店、1960年。