actions

プロートゲネイア

プロートゲネイア古希: Πρωτογένεια, Prōtogeneia)は、ギリシア神話の女性である。長母音を省略してプロトゲネイアとも表記される。主に以下の3人が知られている。

である。以下に説明する。

デウカリオーンの娘

このプロートゲネイアは、プロメーテウスの子デウカリオーンピュラーの娘で、ヘレーンアムピクテュオーンと兄弟。ゼウスとの間にアエトリオス[1]オプースを生んだ[2]。一説にロクロスとの間にオプースを生んだともいう[3]

カリュドーンの娘

このプロートゲネイアは、カリュドーン王カリュドーンとアミュターオーンの娘アイオリアーの娘で、エピカステーと姉妹。アレースとの間にオクシュロスを生んだ[4]

エレクテウスの娘

このプロートゲネイアは、アテーナイ王エレクテウスの娘で、パンドーラーと姉妹。アテーナイがエレウシースと戦争になった際、トラーキア軍を率いるエウモルポスがエレウシースに味方したため、アテーナイが不利になった。そこでエレクテウスが戦争に勝利する方法を神託に問うと、自分の娘を犠牲に捧げるよう告げられた。エレクテウスは長女のプロートゲネイアとパンドーラーをヒュアキントスの丘に連れて行き、そこで殺した[注釈 1]。死後、彼女たちは丘の名前にちなんでヒュアキンティデスと呼ばれた[6]

脚注

注釈

  1. アポロドーロスによるとエレクテウスは最年少の娘を1人殺したとしている[5]

脚注

  1. アポロドーロス、1巻7・2。
  2. 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』p.310b。
  3. 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』p.88b。
  4. アポロドーロス、1巻7・7。
  5. アポロドーロス、3巻15・4。
  6. 高津 春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』p.205b。

参考文献

関連項目