actions

呉茂一

呉 茂一(くれ しげいち、1897年12月20日 - 1977年12月28日)は、日本西洋古典学者で古代ギリシアラテン文学者。

来歴・人物

東京帝国大学医科大学教授(精神病学講座)を務めた呉秀三・みな夫妻の長男として東京市本郷区に生まれる[1][2][3]。第一高等学校医科をへて、1919年東京帝国大学医学部に入学したが、22年文学部英文科に転じた。有島武郎を崇敬し、生前しばしば訪ねた、父と同じく精神科医の歌人斎藤茂吉とも終生交流があった。

1925年大学卒業後、言語学科副手。26年にヨーロッパ留学して古代ギリシア文学ラテン文学を修めた。29年帰国して帝大講師、法政大学予科教授、32年病気のため教職を辞し翻訳に当たるが、39年日本大学予科教授、47年第一高等学校教授、49年東京大学教養学部教授、50~56年には初代の日本西洋古典学会委員長に就いた。53年東大大学院西洋古典学主任教授、58年定年退官し名古屋大学教授、62年名大を定年退官、63年在ローマ日本文化会館館長、66年上野学園大学教授、68年勲三等旭日中綬章

岩波文庫等の『イーリアス』、『オデュッセイア』の翻訳は、長く読み継がれ、1959年にはホメロス『イーリアス』の完訳により、読売文学賞受賞。ギリシア・ラテン抒情詩の訳詩集『花冠』も、1973年度日本翻訳文化賞を受賞した。ギリシア悲劇の翻訳やギリシア神話の体系的研究・著述も改訂重版されている。

家族・親族

父・秀三は呉黄石・せき夫妻の三男で精神医学者[1][2]、祖父・黄石は広島藩医[1][2]。祖母・せきは箕作阮甫の長女なので[1][2]、茂一は阮甫の曾孫にあたる[1][2]

統計学者呉文聰は父方の伯父[脚注 1]書家日高秩父は父方の義伯父[脚注 2]。医学者の呉建経済学者呉文炳、元文部事務次官の日高第四郎は父方の従兄[脚注 3]

2度結婚しており[8][9][10]、先妻・園子は高木喜寛の長女[8][9]。園子の母は有島武郎・有島生馬の妹かつ里見弴の姉であるため[8][9][11]、呉家は高木家を通じ有島家と姻戚関係で結ばれた。

家系についての詳細は箕作家(特に「呉家」および「系譜」の項)も参照。

著書

  • 『ラテン文法概要』鉄塔書院 1933年
  • 『オリュンポスの雪 随筆・評論集』弘文堂書房 1943年
  • 『ぎりしあの小説 日本叢書』生活社 1945年
  • 『ホーマー物語』中央公論社 1947年
  • 『随筆評論集 花とふくろう』要書房 1947年
  • 『ホメーロスの世界』思索社 1948年
  • 『ラテン文法綱要 文法篇』、『- 演習篇』要書房 1948年
  • 『ギリシア・ローマ文学襍攷』思索社 1949年
  • 『新修ラテン語教程』要書房 1950年
  • 『世界古代中世文学史概説』角川書店 1950年
  • 『ギリシア神話』中央公論社 1950年
  • 『ラテン語入門』岩波書店 1951年
  • 『ギリシア神話』新潮社(上下) 1956年、改訂版(全1巻) 1969年、新装版1994年
  • 『ぎりしあの詩人たち 鑑賞世界名詩選』筑摩書房 1956年
  • 『入門・世界の神話』講談社現代新書 1965年
  • 『西洋文化の源をたずねる』講談社現代新書 1966年
  • 『ギリシア悲劇-物語とその世界』社会思想社現代教養文庫 1968年、新版1984年/文元社、2004年
  • 『アクロポリスの丘に立って-ギリシア文学閑話』新潮社 1976年

編著

  • 文学案内Ⅰ ギリシア・ラテンの文学』 新潮社 1962年、中村光夫と共編著
  • 『世界の文化史蹟4 ローマとポンペイ』 講談社 1968年
  • 『ギリシア神話 美術と伝説にみる世界』 社会思想社 1972年
  • 『呉茂一先生の手紙 野間祐輔宛書簡集』 小沢書店 1996年、田中隆尚
  • ケンペルケンプェル 江戸参府紀行呉秀三訳註、雄松堂異国叢書(5・6)、1966年、オンデマンド版2005年。校訂
  • シーボルト『江戸参府紀行』 呉秀三訳註、雄松堂・異国叢書(7)、1966年、オンデマンド版2005年。校訂
  • シーボルト『日本交通貿易史』 呉秀三訳註、雄松堂(現・丸善雄松堂)異国叢書(8)、1966年、オンデマンド版2005年。校訂

訳書

  • 『ギリシア抒情詩選』岩波文庫 1938年、増補版1952年 復刊1987年、2013年
  • エウリピデス『タウリケのイピゲネイア』岩波文庫 1939年
  • アプレイウス『愛とこゝろ-アモールとプシケー』岩波文庫 1940年 「黄金のろば」の一部
  • キケロ『友情について』水谷九郎共訳、岩波文庫 1941年、復刊1995年
  • 『ギリシア・ローマ古詩鈔』岩波書店 1942年
  • G・レッシングラオコオン高橋義孝共訳 筑摩書房 1942年
  • ルキアノス短編集 第1巻』山田潤二共訳 筑摩書房、1943年 / 『本當の話 ティモ 哲學諸派の賣立 漁師』養徳社、1946年
  • アリストパネス『鳥』岩波文庫 1944年
  • 『花冠 ギリシヤ・ラテン譯詩集』みすず書房 1947年
  • ロンゴスダフニスとクロエー 牧人の恋がたり』養徳社 1948年 / 角川文庫 1951年
    • 「世界文學大系 64 古代文学集」筑摩書房、1961年。ギリシア・ローマ小説集
  • イソップの物語 猫のお医者さん』中央公論社 1950年
  • アイスキュロスアガメムノン』岩波文庫 1951年 / 筑摩書房(改訳版) 1975年。様々な版で刊
  • アプレイウス『黄金の驢馬』国原吉之助共訳 世界文学全集:筑摩書房、1951年 /「黄金のろば」 岩波文庫(上下)、1956年、「黄金の驢馬」改版(全1巻) 2013年
  • アイスキュロス『つながれたプロメーテウス』世界文学全集:河出書房、1952年/「縛られたプロメーテウス」 岩波文庫 1974年
  • 『ギリシア・ラテン抒情詩集 世界抒情詩選』河出書房 1952年。編訳版で他者の訳詩も収録
    • 『世界名詩集大成 第1 古代・中世篇』平凡社 1963年 同上
  • ルキアノス『神々の対話 他六篇』山田潤二共訳、岩波文庫 1953年、復刊1985年ほか
  • ホメロスイーリアス』岩波文庫(上中下) 1953年-1958年、改版1964年(上のみ)
  • ソポクレス「アンティゴネー」、エウリピデス「アルケースティス」世界文学全集:河出書房、1956年(前者は山田潤二共訳)
  • キケロー『老年について』重田綾子共訳、世界大思想全集 河出書房新社、1959年
  • アイスキュロス「供養する女たち」、「慈しみの女神たち」。「世界文學大系 2 ギリシア・ローマ古典劇集」筑摩書房、1959年ほか。
  • トマス・ア・ケンピスキリストにならいて』 大沢章共訳、岩波文庫、1960年。度々復刊
    • 『イミタチオ・クリスティ-キリストにならいて』 永野藤夫共訳、講談社、1975年
  • ギリシア悲劇全集』(全4巻) 人文書院、1960年 編集委員
    「縛られたプロメーテウス」「オレスティア三部作 アガメムノーン 供養する女たち 慈みの女神たち」
    「救いを求める女たち」「アルケスティス」「アウリスのイーピゲネィア」(井上一彦共訳)
  • ホメーロス『イーリアス』世界文學大系1、1961年 / 世界古典文学全集1、1964年 / 筑摩世界文学大系2、1971年、各筑摩書房 散文体
  • 『ギリシア喜劇全集』(全2巻)人文書院、1962年 編集委員
    「女だけの祭」アリストパネース(のち岩波文庫 1975年)、「気むずかし屋」 メナンドロス
  • メナンドロス『デュスコロス』ギリシア劇集 新潮社、1963年
  • キケロ「人生の幸福について」 世界人生論全集(2)筑摩書房、1963年
  • 『エジプト詩集』ももんが書房、1965年 私家判(34頁)
  • ホメーロス『世界文学全集(1) イーリアス、オデュッセイア』河出書房新社、1969年。散文体
  • ホメロス『世界文学全集(1) オデュッセイア集英社 1974年、普及版1979年、愛蔵版1986年。散文体で初刊版は古典悲劇集を併録
  • ホメロス『オデュッセイアー』岩波文庫(上下)、1971年-1972年。一穂社(復刻版)、2004年。韻文体
  • 『花冠 呉茂一譯詩集』紀伊国屋書店、1973年
    • 『ギリシア・ローマ抒情詩選 花冠』岩波文庫、1991年、特装版1997年

評伝

参考文献

  • 『人事興信録 第2版』人事興信所、1908年6月18日発行
  • 『人事興信録 第3版 く之部―す之部』人事興信所、1911年3月25日発行
  • 『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年1月10日発行
  • 『人事興信録 第5版』人事興信所、1918年9月15日発行
  • 『人事興信録 第8版』 人事興信所、1928年7月10日発行
  • 『人事興信録 第15版 上』 人事興信所、1948年9月1日発行
  • 小谷野敦『日本の有名一族 近代エスタブリッシュメントの系図集』幻冬舎新書2007年9月30日第1刷発行、ISBN 978-4-3449-8055-6
  • 水谷仁「学問の歩きオロジー わが故郷の偉人たち (3) - 現代につながる巨星たちの系譜」『Newton2007年4月号、ニュートンプレス、98-103頁。

脚注・出典

脚注

  1. 文聰は黄石・せき夫妻の次男で秀三の兄[1][2]
  2. 日高秩父の妻・リキは黄石・せき夫妻の娘で秀三の姉[2]
  3. 建と文炳はともに文聰の子[1][2]、日高第四郎は日高秩父・リキ夫妻の四男[2][4][5][6][7]

出典

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 『日本の有名一族』、160-162頁。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 2.7 2.8 「学問の歩きオロジー わが故郷の偉人たち (3) - 現代につながる巨星たちの系譜」、102頁。
  3. 呉茂一先生の生涯 泰田伊知朗
  4. 『人事興信録 第2版』、甲1341頁。
  5. 『人事興信録 第3版 く之部―す之部』、ひ7頁。
  6. 『人事興信録 第4版』、ひ2頁。
  7. 『人事興信録 第5版』、ひ2頁。
  8. 8.0 8.1 8.2 『人事興信録 第8版』、ク65頁。
  9. 9.0 9.1 9.2 『人事興信録 第8版』、ク22頁。
  10. 『人事興信録 第15版 上』、カ171頁。
  11. 『日本の有名一族』、99-101頁。

関連項目

外部リンク