actions

アムピクテュオーン

アムピクテュオーン古希: Ἀμφικτύων, Amphiktyōn) は、ギリシア神話の人物で、アテーナイの王である。アンピクテュオーン長母音を省略してアムピクテュオンアンピクテュオンとも表記される。

プロメーテウスの子デウカリオーンとピュラーの子で、ヘレーンプロートゲネイア[1]、オレステウス[2]と兄弟。アムピクテュオーンは大地から生まれたともいわれ[3]、アテーナイ王クラナオスの娘と結婚し、息子イトーノスのほか[4][5][6]ケルキュオーントリプトレモスの母になった娘がいた[7]

アムピクテュオーンは義理の父クラナオスを追放して自ら王となり、12年間アテーナイを支配したが、その後エリクトニオスによって王位を追われた[8][9]

一説にアムピクテュオーンはポーキスイオニア、ドロピア、テッサリアー、アイニアーネス、マグネーシア、マリス、プティオーティス、ドーリス、ポーキス、ロクリスの諸族を集め、デルポイの聖域を維持するための隣保同盟を創設した。この同盟の参加者はアムピクテュオーンにちなんでアムピクテュオネスと呼ばれ[10]、その会議場があったボイオーティアのアンテーレー付近にはアムピクテュオーンとデーメーテール・アムピクテュオネスの聖域があったという[11]

系図

テンプレート:デウカリオーンの系図

脚注

  1. アポロドーロス、1巻7・2。
  2. パウサニアス、10巻38・1。
  3. アポロドーロス、3巻14・6。
  4. パウサニアス、5巻1・4。
  5. パウサニアス、9巻1・1。
  6. パウサニアス、9巻34・1。
  7. パウサニアス、1巻14・3。
  8. アポロドーロス、3巻14・6。
  9. パウサニアス、1巻2・6、31・3。
  10. パウサニアス、10巻8・1-8・2。
  11. ヘロドトス、7巻200。

参考文献