actions

パルテノパイオス

パルテノパイオス古希: Παρθενοπαῖος, Parthenopaios)はギリシア神話に登場する人物。テーバイ攻めの七将の一人。 パルテノパイオスとは「処女の息子」という意味で、女狩人アタランテーメラニオーンとの間に生まれた。父親についてはヒッポメネースメレアグロスあるいはアレースだとする説もある。まったく別の説では、アルゴスタラオスとリューシマケーの子であるとする。この場合、パルテノパイオスはアドラストスエリピューレーの兄弟ということになる。 パルテノパイオスの息子にプロマコスがあり、エピゴノイの一人となった。

神話

アタランテーは子供が生まれると、かつて自分がそうされたのと同じパルテニオス山中に赤ん坊を棄てた。同じころ、アルカディア王アレオスの娘アウゲーヘーラクレースの子もパルテニオス山中に棄てられていた。二人の赤ん坊はコリュトス王の羊飼いたちに発見された。アウゲーの子はテーレポスと名付けられ、アタランテーの子はパルテノパイオスと名付けられて養育された。

二人が成人すると、テーレポスは母親を探しに旅立ち、パルテノパイオスはこれに同行した。ミューシアに至ったとき、イーダースがこの地の王座を奪おうとしており、テウトラース王は「もしイーダースを追い払ってくれれば、その者に王座を譲る」と約束した。パルテノパイオスはテーレポスに協力してイーダースと一戦し、打ち破った。テーレポスの母アウゲーはテウトラースの妃になっていた。

パルテノパイオスはアドラストスの召集に応じてテーバイ攻めに参加し、エーレクトライ門を攻めた。アイスキュロスの『テーバイ攻めの七将』では北の門、エウリピデース作『フェニキアの女たち』ではネイタイ門を攻めたとする。しかし、テーバイの守将アムピディコスに殺された。エウリピデースによると、パルテノパイオスを斃したのはポセイドーンの子ペリクリュメノスで、城壁から石を投げつけて殺したとする。

系図

テンプレート:タラオスの系図

参考書籍