actions

アウゲー

アウゲー古希: Αὔγη, Augē) は、ギリシア神話に登場する女性である。長母音を省略してアウゲとも表記する。

アルカディアの町テゲアーの王アレオスの娘で、ケーペウスリュクールゴスと兄弟。ヘーラクレースの子テーレポスを生んだのち、ミューシアの王テウトラースの妻、あるいは娘となった。

神話

アウゲーは父アレオスが創設したアテーナー・アレアー神殿に仕える神官であった。ところがヘーラクレースがエーリスアウゲイアースとの戦争のためにテゲアーを通ったとき、アウゲーはーヘラクレースに強姦された。

このときアウゲーは身ごもって、やがて赤子(テーレポス)を生み、赤子を神域内に隠した。このアウゲーの涜神行為のためにテゲアーの大地からは実りが失われた。

アレオスは、この異変の原因が神域内にあることを知り、アウゲーが密かに生んだ赤子を発見した。アレオスは赤子をパルテニオン山に捨て、アウゲーを他国に売り飛ばすため(あるいは処刑するため)ナウプリオスに引き渡した。そこでナウプリオスは彼女をミューシアの王テウトラースに与え、テウトラースは彼女を妻とした。のちにテーレポスが母を捜してミューシアを訪れ、両者は再会することができたという。

このアウゲーの物語は異伝が多い。ヒュギーヌスによると、アウゲーはテーレポスを自らパルテニオン山に捨て、自分はアレオスを恐れてテウトラースのところに逃げたとしている。テウトラースは子がなかったため彼女を養女にした。後にテーレポスがやってきたとき、テウトラースは何も知らずに彼女をテーレポスの妻として与えた。アウゲーは身を汚されることを嫌がり、テーレポスを殺そうと考えた。しかし2人が寝室に入ると大蛇が現れたため、驚いたアウゲーは手に取ったを大蛇に投げつけてしまった。それをみてアウゲーの意図を悟ったテーレポスは彼女を殺そうとしたが、アウゲーがヘーラクレースに祈りを捧げるのを見て、母であると悟ったという[1]

系図

テンプレート:アルカスの系図

脚注

  1. ヒュギーヌス、99、100。

参考文献