actions

バップ


株式会社バップ: VAP Inc.)は、日本の映像・音楽ソフトメーカー。日本テレビホールディングスの事業子会社のひとつ。Video Audio Projectの英略である。

概要

日本テレビ放送網(旧法人。現在の日本テレビホールディングス)等の出資により1981年1月24日に設立され、本社は東京都千代田区四番町の日テレ四番町ビル1号館にある。

社名の由来であるVideo Audio Projectの通り、CDなどのオーディオソフトだけではなくDVDBlu-ray DiscVHSなどのビデオソフトも取り扱っている。過去に所属していたアーティストの作品の多くは長らく廃盤となっていることが多かったが、近年ゴールデン☆ベストシリーズなどでリリースしている。映像関連では日本テレビ系列で放送されたドラマアニメなどの人気番組[1]や日本テレビが製作に関わった映画読売ジャイアンツ関係のDVD・Blu-ray Discを販売している他、現在では冬のソナタ韓国のテレビドラマで日本ではNHKで放送)など日本テレビ系列以外で放送されたテレビドラマ・アニメのDVDの販売も行っている。また、2000年代前半まではコンピュータゲームの販売も行っていた。

2005年から2006年にかけてエレックレコード(新)と提携して、エレックレコード(旧)の復刻版CDを販売していた。

1970年代にさだまさしと「グレープ」として活動していた吉田政美は、同社に勤務。制作部門でのプロデューサーを経て、管理部門に所属している。

2012年10月1日に日本テレビ放送網(旧法人)が放送持株会社に移行して商号を「日本テレビホールディングス」(日テレHD)に変更したことにより、バップは日本テレビ放送網(新法人)やBS日本(BS日テレ)などと共に日テレHDの事業子会社の一社となっている。

2018年7月1日をもって、簡易株式交換の方法により日本テレビホールディングスの完全子会社となった[2]

アーティスト

在籍アーティスト

過去に所属していたアーティスト

BD・DVD・ビデオ(VHS)・CD

日本テレビ系列で放送された作品

特記がないのは、日本テレビ制作。

ドラマ
アニメ・特撮
スポーツ
バラエティなど

日本テレビ系列以外で放送された作品

ドラマ・バラエティ

アニメーション・特撮

制限指定作品

その他

オープニングロゴ

  • 初代(1981年1月24日 - 1990年12月1日)は宇宙空間のようなアニメーション映像で、赤・青・緑のビームが合わさった瞬間、「Vap」のロゴが飛来しながら登場し、「VIDEO」の文字が下から現れて、最後は白バックになる。
  • 2代目(1991年1月1日 - 2004年5月26日)は宇宙空間のようなCGをバックに赤・青・緑のビームがぶつかり合い、ブルーバックで手の平から現れた「Vap VIDEO」のロゴが飛来しながら中央におさまる。
  • 3代目(2004年6月23日 - )は16:9(または4:3)映像。白バックに無数の赤・青・緑の球体が光のようなものに吸い込まれ、3つの球体から「Vap」が浮かび上がり、中央部分に合わさる。

ゲームソフト

開発部が窓口となり、全て外注である。ファミリーコンピュータソフトで発売した麻雀に“發”が5枚あり、回収になったことがある(本来、發は4枚)。

ファミリーコンピュータ
ゲームボーイゲームボーイカラー
  • パワーミッション
  • ファーステスト・ラップ
  • しっぽでブン!
  • スーパーストリート・バスケットボール
  • ひとりでできるもん! クッキング伝説
  • ダブル役満
  • ミステリアム
  • スーパーストリート・バスケットボール2
  • ダブル役満Jr.
スーパーファミコン
  • Qバート3
  • 必勝スリーセブンファイター
  • スーパーダブル役満
  • 必勝スリーセブンファイター2
  • パチンコ マル秘必勝法
  • 柏木重孝のトップウォーターバッシング
  • スプリンター物語 〜めざせ一攫千金〜
  • パチンコ連チャン天国
  • 真・一攫千金
  • 必勝スリーセブンファイター3
  • 黄龍の耳
  • ギャンブル放浪記
  • スーパーダブル役満2
PlayStation

脚注

  1. なお、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』など吉本興業が制作に関った日本テレビ系番組のDVD・Blu-ray Discは、販売元はバップだが、発売元はよしもとアール・アンド・シーになる。
  2. 簡易株式交換による連結子会社の完全子会社化に関するお知らせ (PDF)”. 日本テレビホールディングス株式会社 (2018年5月10日). . 2018閲覧.
  3. 2012年度後半以降には業務提携先・アニプレックスからもリリース。
  4. GENCOとの共同制作。
  5. MBSではアニメシャワー第4部にて放送。
  6. 関西圏では未放送。
  7. ABCテレビにとっては自社制作のガラスの艦隊に並ぶ、初のUHFアニメである。音楽制作はランティスが担当。
  8. 8.0 8.1 8.2 地上波は関東ローカル。
  9. 音楽制作はYTEが担当しており、VAPは5pb.と共に音楽協力として参加している。読売テレビの子会社であるYTE(読売テレビエンタープライズ)が初めて製作に参加しているが、地上波では関東圏の独立局にて放送された。
  10. クランチロールとの共同制作。音楽制作はドッグオンビートが担当。
  11. 音楽制作はユニバーサルミュージック / EMI Recordsが担当。
  12. 映像ソフトの発売・販売のみ担当。
  13. アニメイズム枠の作品としては、初のVAP製作関与作品でもある。

関連項目

外部リンク

  • テンプレート:日本テレビ放送網