操作

原辰徳

(はら たつのり、1958年7月22日[1] - )

プロ野球選手・監督。福岡の生まれ。昭和56年(1981)、巨人に入団。

主砲として活躍し、昭和58年(1983)には打点王のタイトルを獲得。引退後は巨人の監督として、チームを3度の日本一に導いた。

第2回WBCでは、日本代表チーム「侍ジャパン」の監督としてチームを優勝に導いた。

脚注

  1. (2008) プロ野球カラー名鑑 2008. ベースボール・マガジン社, 11. ISBN 978-4-583-61526-4.