操作

ゲームボーイカラー

ゲームボーイ > ゲームボーイカラー

ゲームボーイカラーGAMEBOY COLOR

1998年10月21日任天堂が発売した携帯型ゲーム機。同社のゲームボーイ上位互換機。略称はGBC

概要

ゲームボーイの上位互換機として開発され、ゲームボーイ用のソフトも動作する。

画面が4階調モノクロだったゲームボーイに対し、32,768色中最大56色表示可能になった。ただし、56色まで表示されるのはゲームボーイカラー専用もしくはゲームボーイ&カラー共通として発売されたソフトのみで、以前のソフトは4-10色のカラーが割り当てられる(後述)[1]。表示画面として、シャープが開発した反射型カラー液晶「スーパーモバイル液晶」を採用、従来のカラー液晶と比べてバックライトを持たないため省電力化されたほか、屋外での視認性が向上した。

また、追加された機能として、モノクロ用ソフトにおける起動時の配色選択と、赤外線通信機能がある[1]。後者の赤外線通信機能はゲームボーイアドバンスに継承されなかった唯一の機能である。

従来の機種にあったコントラスト調整ダイヤルは液晶の視認性が向上したため、ユーザーが調整する必要がなくなり、ユーザーが触れにくい位置に移動している。

本機では起動画面が変更され、ゲーム開始までにかかる時間が従来より大幅に短縮された。

カラー液晶ディスプレイ搭載の携帯ゲーム機としては、日本国内では1990年セガゲームギアNEC-HEPCエンジンGT以来8年振りのリリースとなる。また、ストラップホールがはじめて実装された任天堂のハードでもある。

2016年現在、修理サポートは全て終了している。

関連項目



Rakuten 楽天市場検索:



  1. 1.0 1.1 M.B.MOOK『懐かしゲームボーイパーフェクトガイド』 (ISBN 9784866400259)、6ページから7ページ