actions

トヨタ・チェイサー

トヨタ・チェイサー
販売期間 1977年 - 2001年
製造国 日本の旗 日本
ボディタイプ 2/4ドアハードトップ
4ドアセダン
駆動方式 FR、5代目以降はFRまたは4WD
後継 トヨタ・ヴェロッサ
クレスタと統合
テンプレートを表示

チェイサー: CHASER)は、トヨタ自動車1977年から2001年まで生産していた中型高級乗用車で、マークIIクレスタ姉妹車である。

概要

ボディやエンジンは上記の2車と基本的に共通している。ラグジュアリーグレード名はX60系から「アバンテ(Avante)」で、スポーツグレードはX70系~X80系までは「GT」、90系からは「ツアラー(TOURER)」である。チェイサーを取り扱っていたトヨタオート店(後にネッツ店に改称)はセダン車種のラインナップが手薄であったため、他の兄弟車と異なり4気筒エンジン搭載の廉価グレードも充実していた。

歴史

初代(X30/40系 1977年 - 1980年)

  • 1977年6月デビュー。マークIIトヨタオート店専売姉妹車として[1]、なおかつ同クラスの人気車種だった日産・スカイラインの対抗馬として開発されたため[2]、マークIIよりも若いユーザーを狙ったものであった。歴代唯一の2ドアハードトップも存在した[1]。当時のテレビCMには草刈正雄が出演。マークIIとは異なり2600ccモデルやディーゼルエンジン、ワゴン、バン、タクシー仕様は設定されなかった[1]
  • 1978年8月マイナーチェンジ。エクステリアの意匠変更のほか、ラジオアンテナはリヤウインド貼付式(デフォッガー兼用)に変更。オプションで衝撃吸収バンパーを設定した。
  • 1978年9月一部改良。2000cc4気筒エンジン車が18R-U型から、21R-U型に換装された。
  • 1979年3月一部改良。2000cc6気筒のキャブレター仕様が改良され、全グレードで昭和53年排出ガス規制に適合した。


2代目(X60系 1980年 - 1984年)

  • 1980年10月登場。ビスタ店向けに開発されたクレスタも加わりマークII3兄弟と呼ばれるようになった。2ドアハードトップは消滅し、4ドアセダンと4ドアハードトップのみとなる。この代から最高級グレードとして、ハーダーサスペンション・ミシュランタイヤなどが奢られた「アバンテ」を設定するなど、先代からスポーティー路線を昇華させた[3]
  • 1981年10月、2000cc車にターボを追加、一部車種のウィンドーをブロンズガラスに変更された。CM出演者は先代に引き続き前期のみ草刈正雄が出演。
  • 1982年8月、マイナーチェンジ。フロントワイパーがフルコンシールド化(下級グレードはセミコンシールド)。これに伴いマークII/クレスタと共にツインカム24車が設定された。CM出演者が夏木陽介に変更された。
  • 1983年2月、「2000アバンテ ツインカム24」に4速ECT(電子制御オートマチック)が追加。

3代目(X70系 1984年 - 1988年)

  • 1984年8月登場。「アバンテ」はこの代からラグジュアリー系グレードとなり、同時に4ドアハードトップのみの展開となる。CM出演者はジャン・マイケル・ヴィンセント。エクステリアは姉妹車のマークII/クレスタに比べ全長が短く、若干スポーティーなものだったが、マークIIやクレスタと同様の内装の豪華さも特徴であった(ツインカム24のシートは3車共通)。
  • 1985年10月、マークII/クレスタと共に1G-GTEU搭載車「GTツインターボ」が登場。ディスクブレーキ径は大型化され、バケットシートが装備された。電子制御サスのTEMSは搭載していない。チェイサーのみに「GTツインターボS」という装備を簡略化した5速MTのみの廉価グレードが存在した(前期型のみ)。同時に、従来部分強化ガラスであったアバンテ以下のグレードのフロントガラスが合わせガラスに変更される。
  • 1986年8月 マイナーチェンジ。1G-GEUエンジンの改良、LPGエンジンは3Y-PUに変更、バンパーの大型化、フロントグリルの変更等、装備の充実が図られた。前期型で好評だったリアコンビネーションランプは小変更にとどめる。
  • 1987年1月 特別仕様車ロードリー」発売。
  • 1987年5月 特別仕様車「アバンテ ロードリー」発売。
  • 1987年8月 特別仕様車「XGエクストラ」発売。
  • 1987年9月 2L,2L-Tエンジン搭載車昭和61年排出ガス規制適合。
  • 1987年、トヨタオート多摩(現:ネッツトヨタ多摩)がチェイサーをオープンカーに改造した「チェイサーコンバーチブルTAMA」を発売したが、価格は450万円(アバンテHTツインカム24がベース)とかなり高価だった(同時にAE86トレノにもコンバーチブルを設定)。
  • 1988年1月 特別仕様車「アバンテ スーパーロードリー」、「アバンテ ロードリー」発売。
  • 1988年4月 特別仕様車「オートエアコン付XGエクストラ」発売。


4代目(X80系 1988年 - 1992年)

  • 1988年8月登場。バブル全盛期という時代背景を追い風に先代GX71以上にスキのないきめ細かな使い勝手と質感を徹底追及し高級感を高めた設計で姉妹車のマークII/クレスタと共に大ヒットしたモデル。電動スライドアウトヒーターコントロールパネル・サテライトオーディオスイッチ(81専用設計オーディオのみ対応)・ドアミラー脇ワイパー・超音波雨滴除去ドアミラー・リアシート座面部のレバーでリアヘッドレストが自動可倒する機能など至れり尽くせりな気配り装備を満載していた。この代よりガソリンエンジンが全てDOHC化。マークIIとの違いに斜め格子のフロントグリルや横一文字のリアコンビネーションランプを採用するスタイリッシュな4ドアハードトップとして登場した。先代までスポーティーさを売りにしていたチェイサーだったが、この代から一転して上品さをアピールするようになる。その一方で動力性能はそこそこで価格を抑えながらも、高級感は失いたくないユーザー向けに、1800cc4S-FEエンジンを搭載したチェイサー専用の上級グレード「ラフィーネ」を設定。このラフィーネ設定の背景にはトヨタオート店のセダンラインナップ(チェイサーの下はスプリンター)の少なさをカバーする狙いもある。グレードは下からXL/XG/ラフィーネ(4気筒エンジン)、SXL/アバンテ/アバンテG・スーパーチャージャー/GTツインターボ(6気筒エンジン)。教習車仕様も引き続き設定され、4気筒エンジン(1.8Lガソリン・2000LPG・2400ディーゼル)がそれぞれ搭載され、同時に教習車仕様はこの代が最後になった。教習車仕様の後継はトヨタ・コンフォート
  • 1989年8月には3000cc(7M-GE)車「3.0アバンテG」が追加される。従来からの4輪ESC(ABS)の他にTRCも標準で装着された(2.0アバンテG・スーパーチャージャーにもTRC・4-ESCの設定がある)。
  • 1990年4月 特別仕様車「アバンテロードリーパールマイカバージョン」発売。
  • 1990年8月 マイナーチェンジでワイドボディ車を追加。外観のリフレッシュによりヘッドライトに二重レンズを採用し、Cピラーのエンブレムを追加。マークII/クレスタ同様に2500cc(1JZ-GE/1JZ-GTE)車が追加される(2000ccのスーパーチャージャー車とツインターボ車は廃止され、2000ccはツインカム24エンジンとハイメカツインカムエンジンに絞る)。


5代目(X90系 1992年 - 1996年)

  • 1992年10月登場。全車3ナンバーとなる。CM出演者は小説家の村上龍(前期型のみ)。エンジンはガソリン車が3.0L 2JZ-GE、2.5L 1JZ-GTEと1JZ-GE、2.0L 1G-FE、1.8L 4S-FE、ディーゼル車が2.4L 2L-TEである。スポーツモデルがGTから「ツアラー」に改称、SXLとXGは廃止された。
  • 1993年10月 2.5L 1JZ-GE車に4WDが追加される。
  • 1994年9月 マイナーチェンジ。フロントグリル、フロントバンパー下部とバンパーウィンカーの形状、リアコンビネーションランプのデザインが変更される。CMソングにはドゥービー・ブラザーズのシングルロング・トレイン・ランニンを起用。
  • 1995年運転席エアバッグが標準装備される。

他の姉妹車と同じく、人気の高い1JZエンジンを搭載し居住性がよく質感も高く、それでいて量販車種ゆえ価格が下がってきていることから2000年頃から既にチューニングカーのベースとして人気が高い(もっとも、2010年代には廃車(単純な経年劣化、ドリフト中のクラッシュによる損傷、エコカー補助金など)や中古車輸出などを背景に日本国内の残存数は少なくなりつつある)。


6代目(X100系 1996年 - 2001年)

  • 1996年9月登場。この型のマークII/クレスタそれぞれに独自のキャラクターが与えられ、その中でチェイサーは最もスポーティーな位置づけであり、オーバーハングが前後短縮され、丸型4灯ヘッドランプの鋭い顔つきとなっている。リアテールランプは初代X30/40系のリアを思わせる三層構造となった。次期モデルは開発されず、JZX110系マークIIが発売されてからもしばらくは100系のまま販売されていた。製造はトヨタ自動車九州。この代から衝突安全ボディGOAを採用。また、ディスチャージヘッドランプがトヨタではこの100系(ツアラー・ルラーン)から初採用されている。100系チェイサーは3兄弟中、スポーツグレードの「ツアラー」が最も売れたモデルで、ターボ(1JZ-GTE型エンジン)搭載グレード「ツアラーV」の5速マニュアルトランスミッション車は売り上げ全体の3割近くを上げることもあった。ツアラーVは若年層からいまだに強い人気があり、状態のいい物は中古車市場にて高値で取引されている。100系ではチェイサーのみ1800cc直列4気筒ハイメカツインカムである4S-FE型エンジンがラインアップされていた。一方、特別仕様車としてエクステリアを中心にTRD(トヨタテクノクラフト・トヨタの特装部門)のエアロパーツなどを装着した「TRDスポーツ」モデルも存在する。なおラグジュアリーグレードの「アバンテ」も従来通り設定された。リアシートの居住性はマークIIよりも10mm低いヒップポイントを採用したことでマークIIよりも良好である[4]。フロントエアコンディショナーにはクラウンに搭載されていたオートスウィング機構が上位グレードに採用された。
  • 1998年8月 マイナーチェンジ。リアテールランプが丸型4灯となり、フロントはバンパーとグリルの意匠変更、フォグランプもマルチリフレクター式となった。ボディにはサイドビームが追加され、衝突安全性が強化されている。内装ではシートファブリックの柄が変更、ツアラー系のステアリングホイールが4本スポークから3本スポークに変更。さらに、ツアラーSのみ後継であるX110系に搭載される電子スロットル ETCS-iを先駆けて採用し、安定性と燃費の向上を図った。ツアラー系のみ特別外板色クリスタルパールマイカ<047>・ 専用スモークメッキフロントグリル・ 専用ファブリックのシート・ドアトリム・コンソール ・木目調パネル・革巻きステアリングを採用し、ラグジュアリー感を高めた特別仕様車 グランドパッケージ追加 。同時に2.0L(1G-FE)車には、BEAMS VVT-i機構を採用(出力は140ps→160ps)。
  • モデル末期に2L-TE(2.4ディーゼルターボ)車を廃止
  • 2001年7月に販売終了。6代24年の歴史に幕を閉じた。後継車としてヴェロッサが登場した。
  • 全日本ツーリングカー選手権 (JTCC) への参戦の際のエンジンは、フロントまわりの重量の軽量化やハンドリングの向上を図るためにラインアップに存在しない2000cc直列4気筒3S-GE型を搭載。フロントミッドシップを可能にするためにボディの骨格・ホイールハウスまで改良を施していた。土屋圭市ドライブの1998年型「ADVANチェイサー」25号車が現在、横浜ゴム新城工場に展示されている。また、純正カラーに黒の設定がなく黒系はダークグリーンマイカP.I.Oしかないため、ブラックにオールペンされている車両も多く、中古市場にも出回っている。


車名の由来

英語で「追跡者・狩人」という意味[1]。グリルエンブレムに盾と弓矢の絵が入っている[1]

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 『乗用車 1975-1981』、29頁。
  2. 『ぼくの日本自動車史』、245頁。
  3. 『乗用車 1975-1981』、91頁。
  4. なお、3兄弟中ではクレスタがリアシートヘッドクリアランス先代比+30mmと最も良い。

参考文献

関連項目

テンプレート:Netz Timeline