actions

トマス西

聖トマス西
殉教者
生誕 1590年
肥前国 生月島
(現・長崎県平戸市
死没 1634年
肥前国 長崎 西坂
崇敬する教派 カトリック教会
列福日 1981年2月18日
列福場所 マニラ
列福決定者 ヨハネ・パウロ2世
列聖日 1987年10月18日
列聖場所 ローマ
列聖決定者 ヨハネ・パウロ2世
記念日 9月28日

トマス西六左衛門(トマス にし ろくざえもん、1590年 - 1634年寛永11年))は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけてのキリスト教カトリック)の司祭1987年に「聖トマス西と15殉教者」の一人としてカトリック教会聖人に列せられた。

生涯

1590年(天正18年)、ガスパル西の次男として生月島(現在の長崎県平戸市)で誕生。母はウルスラ・トイ。

両親は敬虔なキリシタンであり、自身もカトリックの幼児洗礼を受けた。幼少のころ有馬(現在の長崎県南島原市)のセミナリオで勉学に励み、同宿(教会や修道院で奉仕する人)になり、1620年マニラに渡る。1624年、ドミニコ会に入り「ロザリオのトマス」の修道名を授かる。

1626年、司祭に叙階され、帰国して迫害に苦しむ信者たちを励まし秘跡を授け、江戸幕府の役人の目から逃れてきた。しかし、ともに司牧にあたっていた同会のジョルダーノ・アンサローネ神父を看病している最中に捕らえられ、長崎に連行された。拷問を受け棄教を迫られたがそれに屈せず信仰を貫き、1634年(寛永11年)11月17日、西坂の丘で逆さ吊りの刑を受け殉教(死去)した。

同時期に殉教したドミニコ会関係者15人とともに、1981年マニラでカトリック教会の福者にあげられ、6年後の1987年ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世によって列聖された。同時に列聖されたヤコボ朝長、ビセンテ塩塚とともに、日本人司祭として初めての聖人となった。

参考文献

  • カトリック中央協議会発行 『聖トマス西と15殉教者』
  • 『キリストの証し人』 フーベルト・チースリク著 聖母の騎士社

外部リンク

関連項目