actions

アレマン語

アレマン語(標準ドイツ語: Alemannisch(Alemannische Dialekte)、アレマン語: Alemannisch)は、ドイツ語の一方言、ドイツ南西部の地方言語のひとつ。

高地ドイツ語のうち上部ドイツ語バイエルン語オーストリアドイツ語も含む)に属し、シュヴァーベン語(Schwäbisch)[1]低地アレマン語(Niederalemannisch)、高地アレマン語(Hochalemannisch)、最高地アレマン語(Höchstalemannisch)に区分される[2][3]

概要

アレマン諸語の使用地域は、ゲルマン民族の一派のアレマン人スエビ族の一派という)の住居していた地域である。そもそもアレマン語とはアレマン人の言葉という意味である。この言葉が言語か方言かについては言語学者によって見解が異なるが、エスノローグは「標準ドイツ語の会話者が理解する事は困難」とし、ユネスコは明確に異なる言語であると指摘している。

「ドイツ語」をフランス語で「アルマン(Allemand)」というのはアレマン語を話すアレマン人(仏:AlamansまたはAlémans)にルーツがあると言われるが、フランス語でも「アレマン語」は「アレマニーク(Alémanique)」という別の単語を用い区別はされている。

その他

  • k, p, tは標準ドイツ語のような有気音にはならない。
  • b, d, gは常に無声化し、[p],[t],[k]となる。
  • lは音節化するか、u[w]の音となる。

ISO 693-2の言語コードは「gsw」。

分類

言語コード
  • SIL
    • GSW(スイスドイツ語)
    • SWG(シュヴァーベン語)
    • WAE(ヴァリス語。広義的にはしばしばスイスの言語学者からはスイスドイツ語に含まれる)
    • GCT(ベネズエラドイツ語)

脚註

  1. 英語:スウェイビア語(Swabian)、フランス語:スワーブ語(Souabe)など。
  2. 亀井孝河野六郎千野栄一編著、『言語学大辞典セレクション・ヨーロッパの言語』三省堂、1998年、278頁。
  3. 柴崎隆『(南部)アルザス・ドイツ語の文法記述へのアプローチ - ミュルーズ・アルザス語方言に基づいて (Ein Versuch der Grammatik des [Süd-] Elsässischen. - auf Grund des „Milhüser Ditsch)』(金城学院大学論集・人文科学編、2012年)14頁によると、1950年ごろのアレマン諸語は、シュヴァーベン語と低地アレマン語は「北方アレマン諸語」に属し、高地アレマン語と最高地アレマン語は「南方アレマン諸語」に属していたと述べている。
  4. 植田健嗣著書『-ミニ国家- リヒテンシュタイン侯国』郁文社1999年、171頁。

関連項目

外部リンク