actions

わかくす号


ファイル:Nishi-Nippon Railroad - 9362.JPG
わかくす号(西日本鉄道)

わかくす号(わかくすごう)は、福岡県福岡市佐賀県佐賀市を結ぶ昼行高速バス路線である。西日本鉄道(西鉄)が運行し、西鉄バス佐賀への管理委託路線となっている。

本記事では、同じく西鉄が運行する、福岡空港と佐賀市を結ぶ高速バス路線および福岡市と佐賀空港を結ぶ高速バス路線についても記述する。

概要

わかくす号」という愛称は、佐賀県の県木・県花であるクスから。ただし、この愛称が用いられるのは西鉄天神高速バスターミナル - 佐賀第二合同庁舎間を結ぶ路線のみで、福岡空港・佐賀空港発着路線には用いられない。

国土交通省の統計によると、「福岡~佐賀」路線の輸送人員は、平成18年度で874,713人、平成19年度で887,114人である。日割り計算すると2400-2500人/日ということになる。また、九州の高速バスの路線内での輸送人員順位としては上位4位(同18年度)、上位5位(同19年度)に位置する[1]

当路線のほか、「九州号」(九州急行バス)も佐賀市内を通過しており、かつては福岡市内~佐賀市内の利用が可能であったが、2002年3月1日のダイヤ改正で佐賀市内に停車しなくなった。

運行形態

福岡と佐賀を結ぶ高速バス路線としては、以下の3系統4路線がある。いずれも座席定員制(予約不要)で、福岡都市高速道路九州自動車道長崎自動車道を経由する。

各系統の「運行経路・停車停留所」においては、太字は停車停留所を示す。

わかくす号(福岡天神 - 佐賀)

西鉄天神高速バスターミナル(福岡市中央区)と佐賀第二合同庁舎(佐賀市)を結ぶ。平日46.5往復、休日47.5往復(概ね1時間に2-4本)運行される。佐賀大和IC国道263号経由。

運行経路・停車停留所
西鉄天神高速バスターミナル - 天神北ランプ - (福岡都市高速環状線2号太宰府線) - 太宰府IC - (九州自動車道) - 高速基山 - 鳥栖JCT - (長崎自動車道) - 高速鳥栖神辺 - 高速中原 - 高速神埼 - 高速金立 - 佐賀大和IC - 国道263号 - 高志館高校 - アルタ高木瀬店前 - 高木瀬公民館前 - 館橋 - 総合体育館 - 市文化会館 - 商業校門 - 佐賀駅バスセンター - 佐賀第二合同庁舎
  • 佐賀市内(一般道区間)の相互利用不可。佐賀市内→高速金立の利用も不可(高速金立から佐賀市内への乗車は可)。

福岡空港 - 佐賀

福岡空港(福岡市博多区)と佐賀第二合同庁舎(佐賀市)を結ぶ。22.5往復(概ね1時間に1-2本)運行される。佐賀側の運行経路・停留所はほとんどが「わかくす号」と同じだが、1往復のみ吉野ヶ里歴史公園経由の便が設定されている。

運行経路・停車停留所(通常便)
福岡空港 - 半道橋ランプ - (福岡都市高速2号太宰府線) - 太宰府IC - (九州自動車道) - 筑紫野(二日市温泉入口) - 高速基山 - (この間「わかくす号」と同じ)- 佐賀第二合同庁舎
  • 佐賀市内(一般道区間)の相互利用不可。佐賀市内→高速金立の利用も不可(高速金立から佐賀市内への乗車は可)。
運行経路・停車停留所(吉野ヶ里公園経由)
福岡空港 -(この間通常便と同じ)- 高速中原 - 東脊振IC - (国道385号)- 東脊振庁舎前 - 横田 - 鳥ノ隈南 - 吉野ヶ里歴史公園前 -(国道34号)- 田手・吉野ヶ里歴史公園南 - 神埼駅通り - 神埼市役所前 - 神埼協和町 - 佐賀バスセンター - 佐賀第二合同庁舎
  • 福岡空港は、佐賀行き・佐賀発とも「福岡空港第一・第二→第二(佐賀発の降車のみ)→第三→国際線」の順に停車してたが、2015年3月29日より福岡空港発佐賀行きの運行経路が、福岡空港国際線→福岡空港第一・第二→福岡空港第三(いずれも乗車のみ取り扱い)~筑紫野という停車順序に変更された。なお、福岡空港内および佐賀バスセンター - 佐賀第二合同庁舎のみの乗車は不可(神埼市内では乗降共に可)。

福岡 - 佐賀空港

西鉄天神高速バスターミナルと佐賀空港を結ぶ路線。春秋航空の佐賀 - 上海/浦東線・ダイヤ(週3便)に合わせて運行され、佐賀空港発は、飛行機の到着を待って(最大1時間)運行される。2013年9月2日に佐賀 -上海/浦東線を利用する福岡都市圏の事業所や留学生を中心とした在日中国人からの要望に応える形で運行を開始した[2]

福岡市内の経路が大きく異なる、佐賀側の停車地が佐賀空港のみ、往復乗車券・基山乗り継ぎ乗車券の設定がないなど、他の2系統とは性格が大きく異なる。

2013年12月20日からは佐賀 - 上海線のほかにティーウェイ航空の佐賀 - ソウル/仁川線に接続する便も週3本運行されていたが[3]、2014年9月1日に休止された[4]

運行経路・停車停留所
西鉄天神高速バスターミナル - キャナルシティ博多 - 博多バスターミナル - 半道橋ランプ - (福岡都市高速2号太宰府線) - 太宰府IC - (九州自動車道) - 高速基山 - 鳥栖JCT - (長崎自動車道) - 佐賀大和IC - (国道263号・堀江通り・貫通道路・本丸通り・佐賀県道49号佐賀空港線) - 佐賀空港
  • 佐賀空港行きは途中下車不可、佐賀空港発は途中乗車不可。

車両 

車内設備

  • 4列シート、トイレなし
  • 博多自動車営業所担当便では、代走でトイレ付車両で運行されることがある。

歴史

  • 1979年12月23日 - 一部区間を高速道路経由に変更(高速バス路線としての開業日はこの日である)。
  • 1998年8月1日 - 運賃改定。福岡・福岡空港~佐賀間の運賃は片道1,150円→1,250円、往復2,050円→2,250円となる。
  • 1999年3月28日 - 福岡都市高速道路2号線全通に伴うダイヤ改正。
  • 2000年5月3日 - 当路線にて17歳の少年によるテロ事件が発生し(事件の内容については西鉄バスジャック事件を参照されたい。)、各都道府県バス協会、バス事業者によるバスジャック対応マニュアルやテロ対策装備品などの普及の契機となった。
  • 2000年7月1日 - 運賃1,000円以上の区間の運賃を一律1,000円に値下げ。福岡~佐賀間の運賃は片道1,250円→1,000円、往復2,250円→1,800円となる。
  • 2003年 - 西鉄バス佐賀への管理委託路線となる(運転士が西鉄バス佐賀の社員となる)。
  • 2004年3月12日 - 天神発着便の停車地に高速基山、高速中原、高速神埼を追加。
  • 2005年9月17日 - 天神発着便の停車地に高速鳥栖神辺を追加。
  • 2006年4月1日 - 天神、福岡空港発着便の停車地に高木瀬公民館前と総合体育館前を追加。
  • 2008年4月1日 - 福岡空港~佐賀間の運賃1,000円の区間の運賃を1,200円(往復2,150円)に値上げ(「わかくす号」は据え置き)。
  • 2008年5月11日 - この日限りで土・日・祝日並びに福岡競艇開催日に行っていた上り天神行きの「那の津口」バス停への臨時停車を終了。
  • 2009年4月1日 - ダイヤ改正、土日祝の一部便を佐賀城本丸歴史館まで路線延伸。「わかくす号定期」の運用開始。
  • 2009年9月19日~23日 - 高速道路のETC休日割引制度への対抗策として「高速道路1000円対抗割」を実施。この5日間に限り運賃800円以上の全区間の運賃を一律800円に値下げする。
  • 2011年7月1日 - 佐賀市内の停車地にアルタ高木瀬店前、館橋、市文化会館前と商業校門前を追加。
  • 2012年3月17日 - 佐賀第二合同庁舎~佐賀城本丸歴史館間を廃止。またわかくす号の一部の便で西鉄高速バス・福岡支社による運行となった。
  • 2012年12月3日 - 西鉄高速バス・福岡支社の運行分が博多自動車営業所に移管となった。
  • 2013年9月2日 - 佐賀空港発着路線を運行開始。
  • 2014年4月1日 - 消費税率引き上げに伴う運賃改定。福岡 - 佐賀間片道1,000円→1,030円・往復1,800円→1,850円、福岡空港 - 佐賀間片道1,200円→1,230円・往復2,150円→2,210円、福岡 - 佐賀空港間片道1,600円→1,650円となる。
  • 2015年11月1日 - 博多自動車営業所担当便が西鉄バス佐賀へ移管となった。
  • 2017年6月 - 西鉄バス佐賀担当便の1乗番が博多自動車営業所へ再移管され、1年半ぶりに直営便が復活した。

脚注

外部リンク