操作

佐賀市

さがし
佐賀市
地方 九州地方
都道府県 佐賀県
団体コード 41201-5
面積 431.84km2
(境界未定部分あり)
総人口 233,813[編集]
推計人口、2018年4月1日)
人口密度 541人/km2
隣接自治体 小城市唐津市多久市神埼市
杵島郡白石町(海隔てて)
福岡県福岡市柳川市大川市糸島市
市長
外部リンク 佐賀市
 表示 


佐賀市(さがし)

佐賀県東部,佐賀平野のほぼ中央に位置する市。県庁所在地。脊振山地の南斜面に広がり,南は有明海に臨む。西部を嘉瀬川,南東部を筑後川が流れ,北と南東で福岡県に接する。 1889年市制。 1922年神野村,1954年西与賀村,嘉瀬村など 10村,1955年蓮池町の一部をそれぞれ編入。 2005年諸富町,大和町,富士町,三瀬村の4町村と合体。 2007年川副町,東与賀町,久保田町の3町を編入。中心市街地の佐賀には鎌倉時代から地頭龍造寺氏の居城があったが,慶長 12 (1607) 年以後は鍋島氏の城下町として発展。廃藩置県後,佐賀の乱を経て,1883年県庁所在地となり,行政,経済,文化の中心地となる。食料品,電機,繊維,木材,機械,鋳物,紙器など工場が多数造立。農村部は日本屈指の米作地帯で,低地一帯には湿地を掘り下げたクリークが分布し,特殊な農村景観をつくる。林業やノリの養殖も盛ん。北西部の熊ノ川温泉古湯温泉が有名。川上峡付近には肥前国庁跡 (国指定史跡) や金立神社などある。また,佐賀城跡の城門をはじめとする国の重要文化財や,帯隈山神籠石 (おぶくまやまこうごいし) ,大隈重信旧宅,西隈古墳,銚子塚古墳などの国指定史跡があり,見どころが多い。エヒメアヤメ自生南限地帯,カササギの生息地,下合瀬の大カツラはいずれも国の天然記念物。北部は脊振北山県立自然公園,嘉瀬川上流の川上川周辺は川上金立県立自然公園,西部は天山県立自然公園に属する。 JR長崎本線,国道 34号線,208号線,263号線,264号線などが通じる交通の要地。中部に長崎自動車道の佐賀大和インターチェンジ,南部に佐賀空港がある。

脚注

外部リンク

行政
観光


Rakuten 楽天市場検索: