actions

下市町

2018/8/25/ (土) 20:10時点におけるAdmin (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。
ファイル:Shimoichi main.jpg
下市町中心部。下市町は谷に沿って細長く市街地が伸びる
ファイル:Shimoichi river.jpg
下市の街は川に沿い細長く伸びる
ファイル:Shimoichi library.jpg
下市町観光文化センター・図書館

下市町(しもいちちょう)は、奈良県南部の

地理

吉野川(和歌山県では紀ノ川)の南側にある。

人口

下市町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

奈良県統計 下市町の人口

  • 2007年10月1日現在 : 7,381人
  • 人口増加率(2002年→2007年) : −11.1%

歴史

平安時代のころから吉野の入り口として栄え、市が立つようになった。日本で最初に商業手形である下市札が発行されるなど、吉野地方の主要商業地として栄えた。2003年(平成15年)3月 - 吉野郡七町村合併協議会(法定・7月には八町村)を設置して合併が議論され新市の名称も「吉野市」と決定したが、大淀町下北山村が離脱したため2004年3月には協議会を解散した。

沿革

町域の変遷

明治22年 明治23年 明治45年 昭和31年 現在
奈良県
吉野郡
下市村 下市町 下市町
秋野村
南芳野村 丹生村

行政

  • 町長:すぎ本 龍昭[2](2012年11月27日から)
  • 町議会:議員定数8名

なお、衆議院議員選挙の選挙区は「奈良県第3区」、奈良県議会議員選挙の選挙区は「吉野郡選挙区」(定数:2)となっている[3]

経済

産業

金融機関

農業協同組合

日本郵政グループ

(※2014年6月現在)

  • 日本郵便株式会社
    • 下市郵便局(下市) - 集配局。ゆうちょ銀行ATMのホリデーサービス実施局。
    • 秋野郵便局([4]
    • 丹生(にう)郵便局(長谷)
    • 新住(あたらすみ)簡易郵便局(新住)
    • 阿知賀(あちが)簡易郵便局(阿知賀)
    • 栄町(さかえちょう)簡易郵便局(下市)

※下市町内の郵便番号は「638-00xx」(下市郵便局の集配担当)となっている。

地域

教育

中学校

小学校

幼稚園

  • 下市町立下市幼稚園

交通

鉄道

町内に鉄道は走っていない(近鉄吉野線下市口駅大淀町にある)。

路線バス

道路

国道

県道

主要地方道
一般地方道

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事

観光スポット

  • 森林公園やすらぎ村
  • 下市温泉
  • 拓本の里「拓美の園」
  • かぶと虫の森(7月、8月)

祭事・催事

  • 2月12日 下市蛭子神社初市

出身者

脚注

  1. 図典 日本の市町村章 p165
  2. 「すぎ」は「木」に「久」。
  3. 選挙区と定数 奈良県選挙管理委員会
  4. 邑」の読みは「よむら」。「(よ)」=「イ(にんべん)」+「予」はJIS X 0213の文字。

外部リンク