actions

結城晴朝

結城 晴朝
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 天文3年8月11日1534年9月18日
死没 慶長19年7月20日1614年8月25日
幕府 室町幕府江戸幕府
主君 豊臣秀吉徳川家康秀忠
氏族 小山氏結城氏

結城 晴朝(ゆうき はるとも)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将戦国大名下総結城氏17代当主。下総国結城城主。

生涯

天文3年(1534年)8月11日、小山高朝3男として誕生。元服に際し4代古河公方足利晴氏偏諱を受けて晴朝と名乗る(初め小山姓)。

弘治2年(1556年)、小田氏との海老島合戦に参加し小田城を攻める。永禄2年(1559年)8月に伯父・結城政勝が死去すると、嫡男・明朝が既に没していたために結城家の家督を継承する。この時、晴朝は養父・政勝に迫られて、実父・小山高朝との「親子之好」を切るという起請文を作成して古河公方の使者(実質は北条氏の名代)である瑞雲院周興に提出したとされている(「乗国寺文書」小山高朝書状)[1]

永禄3年(1560年)、佐竹氏下野宇都宮氏、小田氏が協力し大軍で攻めてきたが、晴朝はこれを結城城に籠もって撃退し、和議を結んだ。同年に佐竹氏の要請で、越後国の長尾景虎(上杉謙信)が関東管領上杉憲政を奉じて遠征するが、晴朝は伯父・政勝の路線を引き継ぎ古河公方の足利義氏(晴氏の子)及び後北条氏に加担する。景虎が関東管領に就任すると反北条に転じる。

元亀元年(1570年)、小田領へ攻め入り、平塚原の戦い小田氏治と激突している[2]。政勝の路線を継承して、結城氏の再興・拡大を意図する以上、結城氏と同様に北条氏と上杉氏との間で生き残りを模索する実家の小山氏との対立は避けることは出来ず、実父・小山高朝ともたびたび交戦した。天正元年(1573年)に高朝が死去した際にも、敵である結城氏の当主として駆けつけることが出来ない事情を結城氏の菩提寺で高朝とも親交があった乗国寺の住職に伝えて代わりに焼香に行かせている[1]

天正4年(1576年)、兄・小山秀綱北条氏照に降伏すると、翌天正4年(1577年)に後北条氏に攻め込まれた。この時、嗣子の無い晴朝は同年12月に宇都宮広綱の次男・朝勝を養子として迎え、自身の妹を佐竹義重(朝勝の母の兄)の傘下である江戸重通に嫁がせる。さらには那須資胤が娘を佐竹義重の嫡男・徳寿丸(後の佐竹義宣)に嫁がせるなど、婚姻関係を通じて周辺領主と連合することで、北条氏の攻撃をしのいでいる。

後には豊臣秀吉に従い、天正18年(1590年)には小田原征伐に参陣して所領を安堵された。晴朝は秀吉に臣従した頃より秀吉との結びつきを求めて水谷勝俊を通じて養子縁組を願い出ており、秀吉が養子としていた徳川家康の次男・秀康に養女・鶴子を嫁がせて養嗣子として迎え、秀康(一時期晴朝から一字与えられ秀朝に改名)に家督を譲ると隠居する。ただし、市村高男の研究によれば、この時の晴朝は既に隠居して一度朝勝に家督を譲っていたと考えられ[3]、実際に天正15年(1587年)初めから天正18年(1590年)4月まで、結城氏の知行・官途・受領名に関する文書に晴朝の花押が確認できないとされている[4]。天正18年5月に晴朝が北条方についた小山秀綱の小山城榎本城を奪い、朝勝が実兄・宇都宮国綱と共に秀吉の下に参陣しているため、この時期には晴朝が結城氏当主に一時的に復帰して、朝勝は実家の宇都宮家に戻っている[1]

関ヶ原の戦いの後、秀康が慶長9年(1604年)に越前国へ転封となると、晴朝もこれに従う。ところが、この頃より秀康及びその周辺で徳川氏への復帰が図られるようになり、慶長12年(1607年)に秀康が死去すると、跡を継いだ秀康の嫡男・忠直松平姓を称するようになる。実父(小山高朝)や養子(結城朝勝)との縁を切ってまで守り抜こうとしていた鎌倉時代以来の結城の所領と家名があっさりと捨てられる事態[5]に晴朝は衝撃を受け、徳川家康に懇願して秀康の五男・直基を養育し、結城家を継承せしめた[6]。また、旧領結城への帰還を願いながら、一族の家系図・過去帳・家伝などを編纂して、結城にある結城氏ゆかりの寺社などに納めるようになる[1]

慶長19年(1614年)7月20日に越前北ノ庄[7]または中久喜城[8]にて死去。享年80。領地は直基が相続した。晴朝の死をもって、結城氏の血脈は断絶したが、結城氏の祭祀は直基子孫の歴代の前橋松平家が継承した。

終焉の地、中久喜城跡はJR水戸線によって真っ二つに横断されており、遠目にはそれとわからない。

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 市村高男「隠居後の結城晴朝」(初出:渡邊平次郎『現代語版結城御代記』上(私家版、1993年)/所収:荒川善夫 編著『シリーズ・中世関東武士の研究 第八巻下総結城氏』(戒光祥出版、2012年)ISBN 978-4-86403-069-4
  2. 小丸俊雄『小田氏十五代―豪族四百年の興亡 下巻』((ふるさと文庫、1979年) P72-74
  3. 市村高男 「当主の居城と前当主(または継嗣)の居城」(千葉城郭研究会編 『城郭と中世の東国』高志書院、2005年、 ISBN 4862150063)
  4. なお、天正14年(1586年)の春以降、晴朝の病気が重く、8月頃には花押や乗馬も困難な状況であったという(竹井英文「天正十三年・十四年の下野国の政治情勢-関連資料の再検討を通じて-」(佐藤博信 編『中世東国の政治と経済 中世東国論:6』岩田書院、2016年) ISBN 978-4-86602-980-1、P207-208)。
  5. 「乗国寺文書」に残された結城晴朝の書状の文中には「朝光以来不安名字ニ付瑕疵事」「外聞内儀失面目、先祖迄付疵申事」と記され、結城朝光以来の家名存続に対する思い入れの強さを示している(市村、2012年、P312)。
  6. 晴朝死後、寛永3年(1626年)以降は直基も松平姓を称するが、直基の子孫の前橋松平家は家紋は晴朝、秀康以降の結城家のもの(結城太閤桐)から変えず、結城家の祭祀を継承した。
  7. 荒川善夫「下総結城氏の動向」(荒川善夫 編著『シリーズ・中世関東武士の研究 第八巻下総結城氏』戒光祥出版、2012年、ISBN 978-4-86403-069-4 )
  8. 茨城県結城市・一部栃木県小山市

テンプレート:下総結城氏当主