操作

佐竹氏

佐竹氏
家紋
さたけおうぎ(ごほんほねおうぎにつきまる)
佐竹扇(五本骨扇に月丸)
本姓 清和源氏義光流
家祖 佐竹昌義
種別 武家
華族侯爵
出身地 常陸国久慈郡佐竹郷[1][注釈 1]
主な根拠地 常陸国太田水戸
出羽国久保田
著名な人物 佐竹秀義
佐竹義重
佐竹義宣
佐竹義敦
佐竹義和
佐竹義堯
佐竹敬久
支流、分家 山入家武家[2]
岡田氏(武家)[3]
岡部氏(武家)[2]
額田氏(武家)[2]
小場氏(武家)[2]
小田野氏(武家)
袋田氏(武家)
古内氏(武家) ほか
凡例 / Category:日本の氏族

佐竹氏(さたけし)

清和源氏の一支族。平安時代後期に源義光の孫昌義が常陸国久慈郡佐竹郷に土着して以後同国北部で勢力を有した。隆義の子秀義の代に鎌倉幕府に服属。戦国時代末期,義重が豊臣秀吉に服従して常陸国最有力の大名となった。関ヶ原の戦いに義重の子義宣が西軍についたため,戦いののち出羽秋田に移封され,幕末には義堯が官軍につき,明治にいたって侯爵。

脚注

注釈

  1. 佐竹村、現・茨城県常陸太田市佐竹地区。佐竹寺、佐竹南台(天神林町、もとの天神林村)、佐竹小学校谷河原町、旧・谷河原村)、佐竹高等学校稲木町、旧・稲木村)、佐竹郵便局磯部町、旧・佐都荘磯部村)の地域。

出典

  1. 太田 1934, p. 2603.
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 太田 1934, p. 2610.
  3. 太田 1934, p. 2609.


Rakuten 楽天市場検索: