actions

紀ノ国屋


紀ノ国屋(きのくにや、英文:Kinokuniya)は、東京都を拠点とする高級スーパーマーケットチェーンである。東日本旅客鉄道(JR東日本)の完全子会社である株式会社紀ノ國屋によって運営されている。

概要

はじめは1910年明治43年)、青果店として創業した。

1953年昭和28年)、東京・青山に、対面販売ではなくセルフサービス方式による日本で初めての食料品スーパーマーケットを開業したことで知られる[1]チーズの空輸、ジュース自動販売機の設置、高級アイスクリームの販売など、各時代で常に先駆け的な商品展開を行った。

2010年平成22年)3月までは、運営会社は1社ではなく、

の3社であった。

2010年4月1日をもって、グループ3社が合併し、(新)株式会社紀ノ國屋となった上で、JR東日本が全株式を取得して完全子会社となった[3]。JR東日本は、自社グループの駅ビル駅ナカ店舗に紀ノ國屋店舗網を拡大する計画である[4]

なお、書籍販売・出版業の紀伊國屋書店とは、歴史的にも資本的にも関係はない。

沿革

  • 1910年明治43年) - 青果店として創業。
  • 1948年昭和23年)1月 - 株式会社紀ノ國屋(本社:東京都港区)を設立。
  • 1953年(昭和28年)11月 - 東京の青山で、日本初のスーパーマーケット(青山店)を開業。
  • 1973年(昭和48年)8月 - 株式会社紀ノ国屋フードセンターを設立。
  • 1975年(昭和50年)8月 - 株式会社紀ノ国屋(本社:東京都世田谷区)を設立。
  • 2003年平成15年) - 再開発のため、インターナショナル(青山店)の土地を株式会社ダイショウ・ティーディーエーに売却。
  • 2004年(平成16年)4月 - インターナショナル(青山店)が閉店し、南青山の仮店舗に移転[5]
  • 2006年(平成18年)7月 - 株式会社紀ノ國屋と株式会社高島屋が包括業務提携。新宿店をはじめとする高島屋の地下食料品売場への出店検討を明らかにする[6]
  • 2008年(平成20年)11月 - インターナショナル(青山店)が、旧店舗跡地に建設された商業施設「Ao」の地下1階で営業再開[7]
  • 2010年(平成22年)4月 - 株式会社紀ノ國屋、株式会社紀ノ国屋、株式会社紀ノ国屋フードセンターの3社が合併した上で、全株式を創業家などからJR東日本が買収して完全子会社化[3]

店舗

詳細は公式サイト「紀ノ国屋店舗情報」を参照。

紀ノ国屋

OMO KINOKUNIYA

KINOKUNIYA entrée

Daily Table KINOKUNIYA

閉店した店舗

脚注

外部リンク