操作

自動販売機

自動販売機(じどうはんばいき、英:vending machine)

硬貨や紙幣の投入により自動的に商品を送り出す機械。その起源は古く,1世紀にアレクサンドリアの数学者であり機械学者であったヘロンが考案した「聖水自動販売機」がその初めといわれている。その後 17世紀になってイギリスで復活し,たばこや切手,書籍,菓子などの販売に利用された。本格的な利用は欧米では第2次世界大戦後で,日本では 1960年代に入ってからである。 67年に国鉄の近距離乗車券の販売に導入されて以降急速に普及した。自動販売機の効用には,人手不足の補完,人件費の節約,サービスの向上などがあり,特に 24時間サービスやすきま空間の有効利用など従来の販売形態とは異なる価値を創造した。



Rakuten 楽天市場検索: