actions

第一次対仏大同盟

第一次対仏大同盟(だいいちじたいふつだいどうめい, First Coalition, 1793年 - 1797年)は、フランス革命を脅威と感じたヨーロッパ諸国が、フランスに対抗するために結成した同盟対仏大同盟)である[1]。各諸国はそれぞれフランスと敵対していたが、これらの国は真の意味で同盟を結んでおらず、十分に連携して戦うことはなかった。各国それぞれの利害関係の元に参戦しており、フランスの敗北後に目的を達成させる予定だったが、フランスに勝利する事は叶わなかった[2]

フランスは1792年4月20日にハプスブルク帝国(神聖ローマ帝国オーストリア帝国など)に宣戦布告した。1792年7月にカール・ヴィルヘルム・フェルディナント指揮下の軍とプロイセン人の大半はオーストリア側に立ち、フランスに進攻したが9月のヴァルミーの戦いで敗北した。

数度に渡りフランスは陸海から進攻された。プロイセンとオーストリアからはオーストリア領オランダとライン側から攻撃し、イギリスからはフランスの地方での反乱を援助し、トゥーロンを占領した。フランスは裏切り(1793年3月18日のネールウィンデンの戦い)と内乱(ヴァンデの反乱)に悩まされたが、ドラコンの法によって処分した。公安委員会は1793年4月6日に設立され、1793年8月には国家総動員法(フランス語: levée en masse)によって、兵士となりうる18歳から25歳の青年を徴兵した。新しいフランス軍による反攻で、侵略者は追い出され、さらにフランス軍はフランスを超えて進軍した。

フランスはバタヴィア共和国姉妹共和国(1795年)として設立し、ライン川左岸のフランスの支配をバーゼルの和約によってプロイセンに認めさせた。

関連項目




楽天市場検索:


  1. Holland (1911). Battle of Valmy.. 
  2. (in Dutch) Noah Shusterman – De Franse Revolutie (The French Revolution). Veen Media, Amsterdam, 2015. (Translation of: The French Revolution. Faith, Desire, and Politics.Routledge, London/New York, 2014.) Chapter 7 (p. 271–312) : The federalist revolts, the Vendée and the beginning of the Terror (summer–fall 1793).