actions

フランス革命戦争

フランス革命戦争(フランスかくめいせんそう、: Guerres de la Révolution française, : French Revolutionary Wars

1792~99年にフランスと他のヨーロッパ各国との間に生じた戦争行為の総称。 92年4月ジロンド派政権は戦争によって反革命派を駆逐しようとオーストリアに宣戦布告し,最初は苦戦したが,8月のドルミにおける勝利以降各地で優勢を保ち,ライン川左岸から北イタリアまで進出した。これに対しイギリスをはじめほとんど全ヨーロッパがフランスと交戦状態に入り,第1,2次対仏大同盟が結成された。 99年にナポレオン (1世) が政権を得たのちは,アミアンの休戦を除き,1814年に退位するまでのいわゆるナポレオン戦争がこれに続いた。フランス革命戦争はフランス国内の政治情勢の変化 (フランス革命 ) と特に密接な関係をもっており,国家と社会の基本構造が変ったために近隣諸国への侵攻が行われたとみなされている。革命政府は政治情勢の推移に対応していやおうなく近隣諸国との戦争に追込まれたのであり,一方諸外国はフランスの領土拡張政策とフランス革命の信条に対抗して反フランス戦争に駆りたてられた。戦争中にもフランス国内の政治的・社会的革命は継続し,軍事や外交政策に大きな影響を及ぼした。

脚注



楽天市場検索: