actions

目達原駐屯地

テンプレート:Infobox JGSDF camp

ファイル:Metabaru Air Field Aerial Photograph.jpg
目達原飛行場付近の空中写真。(1987年撮影)
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

目達原駐屯地(めたばるちゅうとんち、JGSDF Camp Metabaru)は、佐賀県神埼郡吉野ヶ里町大字立野7番地に所在し、陸上自衛隊九州補給処等が駐屯する陸上自衛隊駐屯地である。同駐屯地には他に目達原飛行場がある。また、かつては佐賀県警察ヘリコプター基地としても利用されていたが、現在は佐賀市佐賀空港に移転している。

駐屯地司令は、陸上自衛隊九州補給処長が兼務。駐屯地業務隊はなく、駐屯地業務を九州補給処総務部が担当する[1]

沿革

  • 1943年(昭和18年):大日本帝国陸軍太刀洗陸軍飛行学校目達原分校として創立。陸軍特別攻撃隊の教育隊が置かれた。
  • 1954年(昭和29年)
    • 3月15日:目達原駐屯地開設。
    • 6月30日:陸上自衛隊へ移管。[2]
  • 2008年(平成20年)3月24日:城野分屯地(九州補給処城野支処)の閉鎖により、九州補給処の倉庫が駐屯地内に移転。
  • 2010年(平成22年)3月12日:戦闘ヘリコプターAH-64Dを1機配備。(JG-4509)
  • 2011年(平成23年)3月:戦闘ヘリコプターAH-64Dを2機目を配備。(JG-4510)
  • 2012年(平成24年)1月24日:駐屯地にある整備工場2棟が全焼する火事が発生。負傷者はなかった[3]
  • 2018年(平成30年)2月5日:第3対戦車ヘリコプター隊所属のAH-64Dが点検飛行開始直後に市内の民家に墜落、機長と副操縦士の2名が死亡。

駐屯部隊・機関

第4師団隷下部隊

西部方面総監直轄部隊・機関

防衛大臣直轄部隊

航空管制

TWR
123.1MHz,126.2MHz,138.05MHz,139.8MHz,140.5MHz

TWR以外の管制業務については、国土交通省福岡空港事務所が担当する。(福岡進入管制区)

創立記念行事

毎年10月に開催。アトラクションの一つとしてAH-1Sのフライトシミュレータ体験搭乗があり人気を博している。またダンボール着ぐるみガンダムが出現する。

最寄の幹線交通

重要施設

  • 鳥栖流通業務団地(九州地方の最重要物流拠点の1つ)(佐賀県鳥栖市)
  • 鳥栖ジャンクション(九州の最重要交通拠点の1つ)(佐賀県鳥栖市・福岡県小郡市・久留米市)

脚注

外部リンク


テンプレート:陸上自衛隊の駐屯地一覧