actions

白骨温泉


白骨温泉(しらほねおんせん)は、長野県松本市安曇(旧国信濃国)にある温泉である。中部山岳国立公園区域内にあり、国民保養温泉地にも指定されている[1]

泉質

胃腸病、神経症、婦人病、慢性疲労などに効能があり、その昔「白骨の湯に三日入ると三年は風邪をひかない」と言われた。
「乳白色の湯」として知られているが、湧出時には無色透明であり、時間の経過によって白濁する[2]。白濁の要因は、温泉水中に含まれている硫化水素から硫黄粒子が析出することと、重炭酸カルシウムが分解し炭酸カルシウムに変化することである。浴槽の淵などに白い炭酸カルシウムの固形物が付着している。

温泉街

飛騨山脈(北アルプス)の、乗鞍岳十石岳霞沢岳の麓に位置する山峡の温泉地である。近くには、上高地乗鞍高原がある。

県道白骨温泉線の終点付近にある観光案内所周辺が温泉地の中心部であり、このエリアに共同野天風呂と数軒の旅館・ホテルおよび食事処・土産物屋がある。ひっそりとした佇まいであり、「温泉街」と呼ぶほどのにぎわいはない。その他、1kmほど南に下った、上高地乗鞍スーパー林道B線の起点付近にも数軒の旅館がある。

温泉地の「白骨温泉の噴湯丘と球状石灰石」は、1922年に国の天然記念物、1952年には国の特別天然記念物に指定されている[1]

歴史

鎌倉時代には既に湧出していたと伝えられる。温泉宿としては元禄年間に信濃の人・齋藤孫左衛門により開かれた[3]

白骨温泉はかつて「白船」とも呼ばれていた。中里介山の小説、大菩薩峠の中で「白骨」と呼ばれてから、現在の呼称が定着した[4]

他の文人ともゆかりが有り、若山牧水はこの温泉を好んで訪れた。

1974年3月30日、国民保養温泉地に指定。

入浴剤の添加問題

2004年7月、週刊ポストの報道で、日帰り浴場の「野天風呂」を始め一部の旅館やホテルで入浴剤を混ぜて、白濁を偽装工作をしていることが発覚した[3]。その中に当時の安曇村村長が経営していた旅館も含まれていたことから、村長は責任を取って辞職した。この騒動をきっかけに、日本中で温泉の利用表示などについての問題が発覚し、一連の温泉偽装問題として大きくニュースで報道された。

入浴剤混入の動機は、1996年頃より、十数か所ある源泉の一部において、白濁が薄くなったこととされている。騒動以降、日帰り浴場の「野天風呂」は閉鎖されていたが、2005年4月28日に営業を再開した。一連の温泉偽装問題への対応として、長野県では「温泉の信頼回復」を図るために「安心・安全・正直」な信州の温泉表示認証制度を、2004年11月に創設した。

アクセス

脚注

  1. 1.0 1.1 白骨温泉の噴湯丘と球状石灰石”. 松本市教育委員会. . 2018閲覧.
  2. 白骨温泉の特性”. 白骨温泉観光案内所. . 2018閲覧.
  3. 3.0 3.1 嶋田淑之 (2008年4月25日). “白骨温泉・若女将が語る「事件の真相」”. ITmedia ビジネスオンライン. . 2018閲覧.
  4. 赤羽治郎. “名湯百選 温泉療法医がすすめる温泉 白骨温泉”. NPO法人 健康と温泉フォーラム. . 2018閲覧.

関連項目

外部リンク