操作

登別伊達時代村

登別伊達時代村
施設情報
愛称 登別伊達時代村
テーマ 江戸時代
キャッチコピー 北海道で“江戸トリップ”体験!
管理運営 株式会社登別伊達時代村
開園 1992年4月23日
所在地 059-0463
北海道登別市中登別町53-1
公式サイト edo-trip.jp
テンプレートを表示

登別伊達時代村(のぼりべつだてじだいむら)は、北海道登別市にあるテーマパーク江戸時代の文化・風俗を実際に体験することができる。

沿革

1992年大新東株式会社により日光江戸村の系列としてオープン。道内のローカルCMには千葉真一を起用し、初年度は約70万人の入場客があった。しかし2004年には約8万5千人まで減少したため、大新東がテーマパーク事業から撤退し、創業者の個人会社「株式会社時代村」として分社独立。さらに、時代村を分社し施設ごとに独立運営することとなり、本施設は2005年4月1日付で、村の支配人を社長とし資本金1,000万円をもって設立した「株式会社登別伊達時代村」により運営されている。

2004年から教員OBや登別市文化協会会員などにより結成された「登別伊達時代村師匠評定会」によって「寺子屋体験学習」が行われている[1][2]

登別市の広報のインタビューで小林正明代表は「『日本人』の心を後世に伝えていきたい」と語る[3]。 なお、寺子屋上方筋における寺院での学び舎の呼称であり、仙台藩江戸には存在しないため、それらの街を再現した施設としては不適切である。

アクセス

自動車
鉄道

関連項目

脚注

外部リンク

座標: 東経141度9分38.4秒北緯42.46389度 東経141.160667度42.46389; 141.160667