操作

特別職の職員の給与に関する法律

特別職の職員の給与に関する法律
日本の法令
通称・略称 特別職給与法、特別職職員給与法
法令番号 昭和24年12月12日法律第252号
効力 現行法
種類 法律
所管 内閣人事局
主な内容 国家公務員(特別職)給与・手当の支給について
関連法令 国家公務員法など
条文リンク 総務省法令データ提供システム
テンプレートを表示

特別職の職員の給与に関する法律(とくべつしょくのしょくいんのきゅうよにかんするほうりつ)とは、特別職国家公務員の受ける給与及び公務又は通勤による災害補償について定めることを目的とした法律である。

概要

特別職給与法は一般職の給与改定に準じ、内閣が改正案を提出する。対象者は同法第一条に記載されている。対象者数は約29万8千人である。給与勧告の仕組み (PDF)”. 人事院 (2017年8月). . 2018閲覧.

この法律における特別職の職員(第1条)

関連項目