操作

内閣総理大臣補佐官

内閣総理大臣補佐官(ないかくそうりだいじんほさかん、英訳:Special Adviser to the Prime Minister[1]

内閣の重要政策について内閣総理大臣に進言・意見具申する特別職の国家公務員。内閣官房に最大5人まで置くことができる。

平成8年(1996)制度化。首相補佐官。

脚注




Rakuten 楽天市場検索: