actions

毛利吉元

毛利吉元
時代 江戸時代中期
生誕 延宝5年8月24日[1]1677年9月20日
死没 享保16年9月13日1731年10月13日[1]
長府藩藩主嗣子→長州藩藩主
氏族 毛利氏

毛利 吉元(もうり よしもと)は、長州藩の第5代藩主。長府藩主・毛利綱元の長男。母は池田光政の娘・祥雲院[1][2]。養母は鷹司輔信の娘・小石姫(養心院)。正室は池田綱政の娘・法林院[3]

経歴

延宝5年(1677年)8月24日、江戸で生まれる[1]元禄4年(1691年)12月に元服して元倚もとより[1][注釈 1]と名乗る。宝永4年(1707年)に本家藩主・毛利吉広が若死にすると、その養嗣子として後を継ぐ[2]。吉広同様、将軍徳川綱吉より偏諱を賜い、吉元に改名。吉元は毛利秀元系初の長州藩主であるが、この家督相続の際に徳山藩主で、血統上は毛利輝元系の毛利元次が無視されたので、禍根を残すことになり、万役山事件を起こすこととなる。

藩財政再建のため、5か年の倹約や経費節減、参勤交代での人数の減少に努めた。また、文武を奨励して藩校明倫館を創設し[2]、さらに毛利氏の家系をまとめた閥閲録204冊の編纂も行なった。

享保16年(1731年)9月13日、江戸で死去[3][2]。享年55[3][2]。墓所は山口県萩市椿東の東光寺[3][2]大正5年(1916年)11月、従三位を追贈された[2]

初めは三男の元陳もとのぶを、次に実家の長府藩主を継いでいた長男の元朝(宗元)を、次の長州藩主に定めていたが、いずれも吉元に先立って早世しており、新たに嫡男となっていた五男の維広(宗広)が跡を継いだ。

偏諱を与えた人物

吉元時代

(※「元」は毛利氏の通字として最もよく用いられている字であり、一部の分家でも代々用いられている。そちらについては特別に吉元から賜ってはいないものとみなし、明らかにこの代に賜っている人物のみを掲載する。)

登場する作品

脚注

  1. 元猗とも。

参考文献