actions

松本サリン事件

オウム真理教 > オウム真理教事件 > 松本サリン事件

松本サリン事件
場所 長野県松本市北深志の住宅街
日付 1994年6月27日 - 6月28日
攻撃手段 化学テロ・宗教テロ
兵器 サリン
死亡者 8人
負傷者 重軽傷者約600人
動機 教団松本支部立ち退きを担当する判事殺害、サリンの実験

松本サリン事件(まつもとサリンじけん)

1994年平成6年)6月27日日本長野県松本市で発生したテロ事件警察庁における事件の正式名称は松本市内における毒物使用多数殺人事件[1]オウム真理教教徒らにより、神経ガスサリンが散布されたもので、被害者は死者8人に及んだ。戦争状態にない国において、サリンのような化学兵器クラスの毒物が一般市民に対して無差別に使用された世界初の事例であり、同じくオウム真理教による地下鉄サリン事件を除けばその後も類が無い。無実の人間が半ば公然と犯人として扱われてしまった冤罪未遂事件[2]報道被害事件でもある。その背景には、ずさんな捜査を実施した警察マスコミのなれ合いがあったとも言われる。

毎日新聞では坂本堤弁護士一家殺害事件地下鉄サリン事件と並んでオウム「3大事件」(-さんだいじけん)[3]と表現している。


外部リンク


座標: 東経137度58分18.0秒北緯36.243056度 東経137.971667度36.243056; 137.971667



楽天市場検索:


  1. 警察白書より
  2. 逮捕・起訴はされていないので、厳密には冤罪に該当しない。
  3. オウム全公判終結(2011年11月) - 毎日jp