actions

木古内町

木古内町(きこないちょう)は、北海道渡島総合振興局中部にある

町名の由来

アイヌ語に由来し、現在の木古内川から名づけられた。

一説には、干満の差が激しく、満潮時に潮が川を逆流することから「リオナイ(リロナイ)[1]」(波・入れる・川:潮の差し入る川)と呼ばれたためとされる[2]

地理

渡島管内、渡島半島南西部に位置。南部は津軽海峡に面し、北部は山岳。木古内市街地のわずかな平野部を除いて、ほとんどは山岳・丘陵地帯。冬は積雪が多く「特別豪雪地帯」に指定されている。

江戸時代から交通の要所で、沿岸に沿って北海道新幹線国道228号道南いさりび鉄道線が走る。青函トンネル及び海峡線開通後、木古内駅は特急停車駅となり、2016年3月26日には北海道新幹線が開業した。

  • 山:桂岳(734m)
  • 河川:木古内川
  • 湖沼:

隣接している自治体

人口

木古内町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

沿革

縄文時代、擦文時代から栄えた。石器などが発見される。

江戸以前

  • 1433年嘉吉3年):木古内町に和人が来住。
  • 1457年康正3年):コシャマインの乱。松前藩を築いていく。
  • 1624年寛永元年):「リル・オ・ナイ」または「リコナイ」というアイヌ語が転化して木古内とつけられた。
  • 1799年寛政11年):幕府の直轄地となり、山本長右衛門が治める。

明治以降

姉妹都市・提携都市

経済

基幹産業は漁業、農業、畜産など。

漁業

農協・漁協

郵便局

  • 木古内郵便局(集配局)

マスメディア

宅配便

公共機関

警察

教育

  • 道立高等学校
  • 中学校
    • 木古内中学校
  • 小学校
    • 木古内小学校
    • 鶴岡小学校(2010年度閉校、廃校)

交通

鉄道

かつては松前線が分岐していたが、 1988年(昭和63年)2月1日に廃止された。また、江差線は木古内駅から江差駅まで営業しており、町内に渡島鶴岡駅吉堀駅が設置されていたが、2014年平成26年)5月12日に廃止された。

バス

タクシー

  • 松前圏のエリアに属する。

タクシー会社

  • 北光ハイヤー

道路

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事

  • 道の駅みそぎの郷 きこない
  • 木古内町寒中みそぎ祭り - 佐女川神社などで毎年1月に寒中でおこなわれる水行。「みそぎ行事」として町の文化財に指定されている。
  • きこない咸臨丸まつり - 毎年8月15日、16日に開催。1871年にサラキ岬沖で座礁沈没した咸臨丸を顕彰するまつり。咸臨丸太平洋横断時乗組員の子孫が毎年参加している。
  • サラキ岬
  • 札苅村上芝桜
  • 道南トロッコ鉄道 - 江差線廃線跡を利用
  • 木古内町郷土資料館「いかりん館」

出身の有名人

脚注

  1. アイヌ語ラテン翻字: rir-o-nay
  2. アイヌ語地名リスト オニシベ~キタ P31-40P”. アイヌ語地名リスト. 北海道 環境生活部 アイヌ政策推進室 (2007年). . 2017閲覧.

関連項目

外部リンク