操作

平野達男

平野 達男
ひらの たつお
生年月日 (1954-05-02) 1954年5月2日(64歳)
出生地 日本の旗 岩手県北上市
出身校 東京大学農学部
アイオワ州立大学大学院
前職 国家公務員(農林省・農林水産省
所属政党自由党→)
民主党→)
無所属→)
自由民主党二階派
公式サイト 参議院議員 平野たつお公式Webサイト

日本の旗 初代 復興大臣
内閣 野田第1次改造内閣
野田第2次改造内閣
野田第3次改造内閣
在任期間 2012年2月10日 - 2012年12月26日

内閣 菅第2次改造内閣
野田内閣
在任期間 2011年7月5日 - 2012年2月10日

選挙区 岩手県選挙区
当選回数 3回
在任期間 2001年7月30日 - 現職
テンプレートを表示

平野 達男(ひらの たつお、1954年5月2日 - )は、日本政治家農林水産官僚自由民主党参議院議員(3期)。

菅第2次改造内閣野田内閣野田第1次改造内閣内閣府特命担当大臣(防災)を務めたほか、復興大臣(初代)、東日本大震災総括担当大臣(野田第1次改造内閣・野田第2次改造内閣野田第3次改造内閣)、内閣府副大臣菅第1次改造内閣・菅第2次改造内閣)、参議院農林水産委員長予算委員長等を歴任。

来歴

岩手県北上市生まれ[1]岩手県立水沢高等学校理数科東京大学農学部農業工学科卒業。1977年農林省に入省。なお平野が入省した翌年、農林省は農林水産省に改編された。農水省では本省での勤務の他、直轄土地改良事務所での勤務も経験し、技官を務めた。また出生地である岩手県への出向も経験している。在職中、アイオワ州立大学大学院に留学し、修士号を取得。2001年に農水省を退官。

同年、第19回参議院議員通常選挙自由党公認で岩手県選挙区から出馬し、初当選。2003年民由合併により、民主党に入党。2007年第21回参議院議員通常選挙では同党公認で再選。

2010年簗瀬進参議院予算委員長が第22回参議院議員通常選挙で落選したため、後任の参議院予算委員長に就任した。同年9月、菅第1次改造内閣内閣府副大臣国家戦略地域主権地域活性化「新しい公共」規制改革等の担当[2])に任命される(参議院予算委員長の後任は前田武志)。2011年1月発足の菅第2次改造内閣においても再任された。

同年3月11日に発生した東日本大震災を受け、自身も被災した岩手県選出の国会議員であり、かつ内閣府副大臣の立場から震災対応にあたる。同年7月、「東日本大震災からの復興のための施策を政府一体となって推進するため企画立案及び行政各部の所管する事務の調整」を担当する国務大臣であった内閣府特命担当大臣(防災)松本龍が、7月3日被災地を訪れた際宮城県知事村井嘉浩岩手県知事達増拓也らに対して不適切な発言を行い、辞任した(松本本人は「体調不良」を理由に辞意を表明)。後任には内閣官房副長官仙谷由人や、被災地である宮城県選出の安住淳民主党国会対策委員長らの名前が挙がるも、仙谷、安住らが相次いで固辞したため、内閣府副大臣の平野が昇格する形で、松本の後任に任命された[3]。震災発生以降、宮中では節電に取り組んでおり、皇居宮殿の使用を極力減らす方針を取っていた[4]ため、平野の認証式は皇居宮殿ではなく御所で行われた[5][6]。なお平野の後任の内閣府副大臣には、山口壮が任命された。

野田内閣野田第1次改造内閣においても防災相に再任[7]

2012年2月10日復興庁の設置に伴い、初代復興大臣に任命される。復興相就任に伴い防災相を退任。2月14日より「東日本大震災総括担当大臣」を兼務[8]し、野田第3次改造内閣まで務める。同年12月の第46回衆議院議員総選挙での民主党大敗を受けて野田佳彦首相は退陣し、平野も復興相を退任した。

民主党下野後も、2013年第23回参議院議員通常選挙に民主党公認で出馬する意向を示していたが、同年3月30日、地元・岩手県で開かれた民主党岩手県総支部連合会における会合で、民主党を離党し無所属で参院選に出馬する意向を表明[9]。民主党に離党届を提出したが、民主党は平野の離党届を受理せず除籍(除名)する方針を固め[10]4月16日の民主党常任幹事会で平野の除籍が決定。4月23日、参議院の会派「民主党・新緑風会」からも離脱した[11]。第23回参議院議員通常選挙では、岩手県選挙区には平野を含む過去最多の6人が立候補し、古巣の民主党や自由民主党小沢一郎が代表を務める生活の党も候補者を擁立したが、民主党の一部の地方議員からも支援を受けた平野が他の5候補を破り、3選[12]。同年7月24日参議院会派新党改革」に入会。平野の入会に伴い、同会派は名称を「新党改革・無所属の会」に改めた[13]

2015年4月、同年に行われる岩手県知事選挙への立候補を表明。しかし8月、「県政ではなく国の安全保障法制の在り方が争点になり、政党間の争いになった。私の本意と大きくかけ離れた状況だ」と述べ出馬を撤回、断念した[14]

2016年7月13日、自由民主党に入党届を提出した[15]。7月23日、自由民主党岩手県連常任総務会は、平野の入党を了承。これにより同党の参院新勢力は過半数の122議席に達した[16]。入党後、二階派に入会した。

政策

2013年参院選 毎日新聞候補者アンケートによると

人物

  • 国際総合武道教育連盟空手道牙城會館にて名誉顧問を務める[18]
  • 小沢一郎が党首を務めていた自由党出身ではあるが、民主党在籍時は玄葉光一郎が会長を務める「日本のグランド・デザイン」研究会に所属していた。2011年7月11日、党員資格停止処分を受けている小沢について「(震災の復興に)活用することが国難を乗り切る上でプラスと判断されるなら、党内事情は一時棚上げ、取り消しは当然あってしかるべきだ」と述べた[19]。一方で菅第2次改造内閣の閣僚であった平野は、2011年民主党代表選挙では小沢の支持する海江田万里経済産業大臣ではなく、菅直人首相が支持する野田佳彦財務大臣を支持した[20]
  • TPPについて、2011年7月14日インタビューで「基本的には参加すべきだ」とした上で「国難の状況下で、TPPは国論を二分する。いまは復旧・復興に重点を置くのはやむをえないと思う」と述べた[21]
  • 2011年10月18日に開かれた民主党参議院議員らの研修会にて、「ここの高さに逃げていれば大丈夫だと言ってみんなで20-30人そこで集まっててそこに津波が来てのみ込まれた方々もいます。逆に、私の高校の同級生みたいに逃げなかったバカな奴もいます。彼は亡くなりましたけれども。バカな奴って今言ってもしようがないんですけどね」と発言[22]。この発言に対し野党から被災者への配慮に欠けるとの指摘があり、同日夜の記者会見で「字面にすると、逃げなかった人はバカだみたいな報道になっているが、普段から防災教育を受けて逃げた例もある。なぜ逃げなかったのか。それも今回の重要な検証の課題であり次の震災にしっかり備えるということを言いたかったが、あの瞬間だけその同級生への個人的な思いが重なってああいう表現になった。不快な思いされたのなら本意ではないし、その表現の稚拙さをおわび申し上げたい。」と釈明した[23][24]

年譜

所属団体・議員連盟

脚注

  1. プロフィール
  2. 第176回国会 衆議院 内閣委員会 第1号
  3. 「人事異動」『官報』5592号、国立印刷局2011年7月7日、8面。
  4. 皇居と御所、計画停電に合わせ電力使用取り止め 読売新聞 2011年3月14日
  5. 皇居・御所で初めての認証式 節電に伴い場所を変更 日本経済新聞 2011年7月6日
  6. 認証官任命式:平野復興相、山口副内閣相 節電対策、御所で 毎日新聞 2011年7月6日
  7. 「人事異動」『官報』号外特43号、国立印刷局2011年9月2日、1面。
  8. 野田首相、平野氏を「震災総括担当」に任命 防災強化へ教訓まとめる 産経新聞 2012年2月14日
  9. 平野・前復興相、民主離党し無所属で参院選出馬 読売新聞 2013年3月30日
  10. 民主党、平野前復興相を除籍処分の方針 日テレNEWS24 2013年4月2日
  11. 川崎、平野氏が民主会派離脱 時事通信 2013年4月23日閲覧
  12. 参院選・岩手 平野氏「小沢王国」に風穴 産経新聞 2013年7月22日。
  13. 平野氏、参院会派入り 新党改革・無所属の会に 岩手日報 2013年7月25日
  14. 平野元復興相、岩手知事選への出馬断念”. 2015年8月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。. 2015閲覧.
  15. 自民に平野元復興相が入党届 受理なら単独過半数 日本経済新聞 2016年7月13日
  16. 参院、自民が単独過半数に 平野元復興相が入党へ 日本経済新聞 2016年7月13日
  17. 2013参院選 毎日新聞候補者アンケート
  18. 役員紹介|空手道牙城會館
  19. asahi.com2011年7月11日
  20. 日本経済新聞 2011年9月3日朝刊
  21. asahi.com2011年7月15日
  22. 【平野復興相発言】平野氏の発言要旨 - MSN産経ニュース2011年10月18日。ただし記事中の発言内容は実際の音声とやや異なる
  23. 産経ニュース2011年10月18日
  24. [1] 日刊スポーツ 平野復興担当相亡くなった友思うあまり… 2011年10月18日
  25. 黒沢尻町を中心とした町村合併による北上市発足(1954年4月1日)から間もないころである。
  26. 自由民主党 役員表”. . 2018年4月11日閲覧.

外部リンク

公職
先代:
創設
日本の旗 復興大臣
初代:2012年
次代:
根本匠
先代:
松本龍
日本の旗 内閣府特命担当大臣防災
第19・20代:2011年 - 2012年
次代:
中川正春
先代:
大島敦
平岡秀夫
大塚耕平
日本の旗 内閣府副大臣
東祥三末松義規と共同
2010年 - 2011年
次代:
東祥三
山口壮
末松義規
議会
先代:
簗瀬進
日本の旗 参議院予算委員長
2010年
次代:
前田武志
先代:
郡司彰
日本の旗 参議院農林水産委員長
2009年
次代:
小川敏夫

テンプレート:防災担当大臣 テンプレート:内閣府副大臣 テンプレート:参議院予算委員長 テンプレート:参議院農林水産委員長