actions

寺前駅


ファイル:Teramae Sta02n4272.jpg
左から3・2番のりば、1番のりばと駅舎
ファイル:Teramae Sta03n3200.jpg
左から3・2番のりば、跨線橋、1番のりば
ファイル:TeramaeStation.JPG
当駅が電化と非電化の境界のため列車の乗り換えが必要となる

寺前駅(てらまええき)は、兵庫県神崎郡神河町鍛冶字八重向にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)播但線。神河町の代表駅である。

歴史

駅構造

単式・島式の複合型2面3線のホームを持つ、交換・待避・折返し設備を備えた地上駅で、その他にも列車留置用の側線が設けられている。駅舎は単式の1番のりば側にあり、島式の2・3番のりばへは跨線橋で連絡している。2010年に新駅舎が仮開業した。その後、のりば番号が変更になり、現在は駅舎側の単式ホームが3番のりば、島式が2番のりば、1番のりばの順に変更になっている。

当駅は電化・非電化の境界駅となっている。普通列車はすべて当駅で乗換えとなり、和田山方面は運転本数が少なくなる。特急「はまかぜ」の全列車が停車する。1998年3月13日までは普通列車の半数が当駅で折り返していた。

直営駅(福崎駅の被管理駅)。みどりの窓口が設置されている。駅舎に隣接する「カーミンの観光案内所」内にもトイレはある。

かつては播但線の運行を担っていた福崎鉄道部が置かれていた。現在は組織変更により駅管理業務は福崎駅に移管され、乗務員部門のみが豊岡列車区寺前派出として残されている。

列車の夜間停泊も行われる。

のりば

のりば 路線 方向 行先 備考
1・2・3 J 播但線 下り 和田山方面 特急「はまかぜ」は両方向とも
3番のりばから発車
上り 福崎姫路方面

3線とも方向の区別なく使われている。全ての特急列車は駅舎側となっている3番のりばに停車する。普通列車は主として島式の2・1番のりばに停車し、相互の乗換の便を図っている。なお、1番のりばは和田山行き気動車の停車を前提としてかホームの高さが低くなっているが、実際は1番のりばに姫路方面行きが停車することも多い。

利用状況

「兵庫県統計書[2]」によると、2016年(平成28年)度の1日平均乗車人員413人である。

近年の1日平均乗車人員は以下の通りである。

年度 1日平均
乗車人員
2000年 829
2001年 779
2002年 707
2003年 662
2004年 633
2005年 582
2006年 557
2007年 516
2008年 514
2009年 489
2010年 473
2011年 455
2012年 439
2013年 452
2014年 432
2015年 418
2016年 413

駅周辺

路線バス

その他

  • 播但線電化区間は始発が早く最終が遅い。2016年3月26日改正では5時1分発(土曜・休日は9分発)が始発、0時50分着が最終である。

隣の駅

西日本旅客鉄道
J 播但線
快速
寺前駅 - 生野駅
普通(当駅で乗り換え)
新野駅 - 寺前駅 - 長谷駅

ギャラリー

関連項目

脚注

外部リンク