操作

ICカード

ICカード(アイシーカード、: integrated circuit card; ICC

メモリ(記憶素子)やマイクロプロセッサなどの IC素子(集積回路)を内蔵したカード。

蓄積されたデータを個人認証やプリペイドのデータとして外部から読み取り利用する。磁気ストライプで記録された磁気カードに比べ,データの大容量化,暗号化によるセキュリティの確保などが格段に進歩した。構造上の分類として,読み取り端末用の接触端子をもつ接触型と,アンテナを内蔵し無線通信でデータのやりとりを行なう非接触型があり,接触型のほうがセキュリティ,データのやりとりなどでは堅固な特徴をもつ。

メモリとマイクロプロセッサを組み込んだカードでは,内蔵された暗号化ソフトにより,偽造や改造はほぼ不可能。

認証・識別機能,セキュリティ確保機能,データの読み書き・保存機能を有し,テレホンカード,電車バスなどの公共交通用カードなどのプリペイドカード,携帯電話,デジタル放送などの個人識別カード,クレジットカード,銀行キャッシュカード,さらには住民基本台帳カード,パスポート,運転免許証,身分証などさまざまに利用されている。


関連項目