actions

安達祐実

安達 祐実(あだち ゆみ、1981年9月14日 - )は、日本女優声優タレントである。本名、長谷川 祐実(はせがわ ゆみ)(安達は実父の姓、旧姓)。

東京都台東区出身。サンミュージックプロダクション所属。

安達有里は実母。元タレント安達哲朗は実兄、タレントの安達大は異父弟。前夫はお笑いコンビスピードワゴン井戸田潤

来歴

2歳時に子育て雑誌でモデルデビューし、後に子役としてCM等で活躍した。子役としてデビューしている為、同年代のタレント達よりはるかに芸歴が長い。本人曰く「ウッチャンナンチャンTM NETWORKは同期」である。子役時代初期は東京児童劇団スペースクラフトジュニアに所属していた。

1991年、テレビCMハウス食品・咖喱(カリー)工房」で注目を集め、「具が大きい」のフレーズは流行語にもなった[1]。以後、女優としての道を歩む。

1994年、テレビドラマ『家なき子』で主人公の相沢すず役を演じ、12歳とは思えない演技力で一躍脚光を浴びる。同作品は最高視聴率37.2%を記録し[1]、すずの台詞である「同情するならカネをくれ」は新語・流行語大賞にも選ばれるなど社会現象となった[2]

2005年9月14日、井戸田潤との結婚会見を東京プリンスホテルで行った。会見当日は安達の24歳の誕生日であり、当時妊娠2ヶ月であったことで世間を騒がせた。 2005年11月13日に都内教会結婚式を挙行した。2005年12月上旬から産休に入り、2006年4月12日の午後5時35分に2330gの女児を出産、同年6月から仕事復帰している。なお、レギュラー出演しているラジオは12月末まで担当し、産休中は岩崎ひろみが担当していた。

2009年1月8日に東京都内の区役所に井戸田との離婚届を提出したことが、翌日の1月9日に双方の所属事務所から発表された。長女の親権は安達がもつ[3]

2014年11月13日、カメラマンの桑島智輝と再婚[4][5]。同年、『花宵道中』で20年ぶりに映画主演を果たした[6]

2016年2月24日、第2子妊娠を発表[7]。7月29日に男児出産をブログで報告[8]。同年10月4日から仕事復帰している。

人物・エピソード

子役時代

  • 初恋の相手はAD。恋してしばらくした頃、帰宅すると家にその彼がおり「おかえり」と言われ、母からの「今日からこの人がお父さんよ」という一言により失恋したことを悟った。
  • 10代後半には、「週刊プレイボーイ」誌で水着グラビア姿を披露して、話題を集めた。本人曰く「プールや海ではみんな水着になるから恥ずかしくない」と回答している。
  • かつての自分よりもさらに過酷なスケジュールで活動している芦田愛菜をとても気にかけており[9]、『メレンゲの気持ち』で初対面した際には「ずっとテレビに出てるけど、大丈夫?」と声をかけていた。

出演

連続ドラマ

主演は太字

単発ドラマ

Webドラマ

バラエティ

ラジオ

  • 安達祐実のおしゃまな夜(1992年 - 1993年、TBSラジオ
  • 祐実をとりまく男たち(1993年 - 1994年、TBSラジオ)
  • 千葉市広報番組「安達祐実のBAY MORNING GLORY」(2001年 - 2005年、bayfm
  • 安達祐実のTOKYO UBERSEXUAL LIFE(2006年11月 - 2007年3月、文化放送
  • 安達祐実のTOKYO UBERSEXUAL LIFE NEXT(2007年4月 - 2007年9月、文化放送)
  • 安達祐実のyou&Me(2010年10月、文化放送

CM

※その他多数

映画

声優

舞台

PV

  • SOPHIA 「STRAWBERRY&LION」(2001年)
  • 乙三 「空と君のあいだに」(2009年)

ゲーム

その他

ディスコグラフィー

シングル

オリジナルアルバム

ビデオクリップ

  • モァ ラブピース(VHS:1994年3月24日、DVD:2008年11月19日)
  • 風の中のダンス(VHS:1995年7月21日)
  • Travelling Dreamer(VHS:1997年9月22日、DVD:2008年11月19日)

配信限定

  • いばらのみち(紅子version) / 紅子 starring 安達祐実(2010年5月26日

書籍(写真集)

  • Fee a 11ans (1993年6月、角川書店、撮影:安井進)ISBN 978-4048511056
  • 安達祐実のスケッチ・ブック 「かぼちゃのダンス」 (1994年10月、ワニブックス)ISBN 978-4847023767 ※画文集
  • 17歳 (1999年2月、集英社、撮影:橋本雅司)ISBN 978-4087802931
  • 月刊 安達祐実 (SHINCHO MOOK) (2000年11月、新潮社、撮影:斎門富士男)ISBN 978-4107900784
  • passage -20歳- (2001年9月11日、集英社、撮影:熊谷貫)ISBN 978-4087803341
  • Day Dream (2002年7月20日、音楽専科社、撮影:武藤義、P.S.Park、尾形正茂、吉田裕之、秋田大輔、蜷川実花)ISBN 978-4872791051
  • 月刊 安達祐実 special (SHINCHO MOOK)(2002年12月7日、新潮社、撮影:藤代冥砂)ISBN 978-4107901095
  • PREGO(2003年9月13日、音楽専科社、撮影:松田忠雄)ISBN 978-4872791389
  • ADACHIX (2004年9月、音楽専科社、撮影:go relax E more)ISBN 978-4872791648
  • 私生活 (2013年9月2日、集英社、撮影:桑島智輝)ISBN 978-4087806922
  • 続・私生活 (2013年9月9日、集英社、撮影:桑島智輝)※電子(Kindle)版配信写真集
  • 映画 花宵道中 公式ビジュアルブック 「秘花」 (2014年9月22日、集英社)ISBN 978-4087807363

イメージビデオ

  • 楽園の魚 -first present file- (2001年10月17日発売、ポニーキャニオン)VHS/DVD
  • あしたのちはれ。 -present file next- (2001年11月21日発売、ポニーキャニオン)VHS/DVD
  • digi+Kishin DVD(安達祐実) (2002年10月16日発売、小学館)DVD
  • 風はきんいろ -Yumi in Sicilia Vol.1- (2003年9月20日発売、ラインコミュニケーション)DVD
  • Gravitation -Yumi in Sicilia Vol.2- (2003年10月20日発売、ラインコミュニケーション)DVD
  • Special DVD-BOX (2004年4月20日発売、ラインコミュニケーション)DVD3枚組 (風はきんいろ/Gravitation/未公開映像DVD)
  • 遊女A -映画「花宵道中」より- (2014年10月10日発売、東映)

脚注・出典

  1. 1.0 1.1 “31歳安達祐実が初セミヌード「生の私」”. 日刊スポーツ. (2013年8月3日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20130803-1167253.html 
  2. ヒットドラマの共通項!! 心に残る“決め台詞”ランキング”. ORICON STYLE (2013年9月8日). . 2015閲覧.
  3. あま〜くなかった…安達祐実と井戸田、やっぱり離婚”. ZAKZAK. 産経デジタル (2009年1月9日). . 2013-8-3閲覧.
  4. 安達祐実、桑島氏と婚姻届提出!愛娘のために「環境を整えたい」 サンケイスポーツ 2014年11月14日
  5. 再婚の安達祐実、祝福に感謝「温かいお言葉本当に嬉しかった」”. ORICON STYLE (2014年11月13日). . 2016閲覧.
  6. 安達祐実「花宵道中」で初挑戦の濡れ場は「想像以上にアクロバティックなスポーツ」”. 映画.com (2014年11月8日). . 2015閲覧.
  7. “安達祐実 第2子妊娠を発表「大切に育んでいきたい」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年2月24日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/02/24/kiji/K20160224012099680.html . 2016閲覧. 
  8. “安達祐実 第2子男児を出産「我が家は喜びに満ちております」”. スポニチアネックス. (2016年7月29日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/07/29/kiji/K20160729013057730.html . 2016閲覧. 
  9. 「芦田愛菜“大先輩”安達祐実が「働きすぎだけど大丈夫?」」、『週刊文春』2011年10月20日号、文藝春秋2011年
  10. 小泉孝太郎、“究極のKY”刑事役で新境地 松下由樹とバディ「すごく楽しみ」”. モデルプレス (2015年11月23日). . 2016閲覧.
  11. 安達祐実、『相棒』で女優業再開 第2子出産後初のドラマ”. ORICON STYLE (2016年11月23日). . 2016閲覧.
  12. “安達祐実がクールなリケジョを熱演! その他の“リピーター”たちも続々明らかに”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年12月24日). https://thetv.jp/news/detail/131716/ . 2017閲覧. 
  13. “安達祐実:内藤剛志と23年ぶり連ドラ共演 「家なき子」以来のタッグ復活「純粋にうれしい」”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2018年2月28日). https://mantan-web.jp/article/20180227dog00m200034000c.html . 2018閲覧. 
  14. 小出恵介“殺陣”上達に共演者絶賛「かっこ良くなった」”. ORICON STYLE (2015年10月29日). . 2015閲覧.
  15. “ドラマ「不倫食堂」出張先で人妻と体を重ねる営業マンに田中圭”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年1月17日). https://natalie.mu/comic/news/265605 . 2018閲覧. 
  16. “水川あさみ、安達祐実、菊地凛子らがドラマ「ミス・シャーロック」にゲスト出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年4月20日). https://natalie.mu/eiga/news/278960 . 2018閲覧. 
  17. 大林宣彦監督の個人事務所
  18. 株式会社TMエンタテイメント
  19. “作品データ”. ルパン三世NETWORK. オリジナル2016年4月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160420200256/http://www.lupin-3rd.net/sakuhin_ova.html . 2016閲覧. 
  20. 風を見た少年”. メディア芸術データベース. . 2016閲覧.

関連項目

外部リンク

テンプレート:サンミュージックグループ テンプレート:歴代の新語・流行語大賞の受賞者 (年間大賞選定以後・1991-2010)