actions

四国三大祭り

四国三大祭り(しこくさんだいまつり)とは、一般的に四国地方で開催される知名度の高い以下の3つのをいう。

沿革

四国三大祭りという言葉で呼ばれ始めたのは、昭和の中後期以降である。この三つの祭で一番歴史が古いとされているのは新居浜太鼓祭りで、室町時代中期に始まり、その後江戸時代で現在の原型ができがったとされている。次に古いのが阿波踊りで、室町時代後期もしくは江戸時代に始まったとされている。一番新しいのがよさこい祭りであり、太平洋戦争終戦1954年(昭和29年)に阿波踊りに負けないものを作ろうと始められた。よって、この三つの祭が揃ったこと自体がこの時期以降である。

マスメディアへの露出度から、阿波踊りとよさこい祭りは全国的に知名度が上がり、類似する全国各地の踊り(催し物・イベント)にも大きな影響を与えている。新居浜太鼓祭りは歴史ある神事である事や喧嘩祭りを維持するために観光化に反対する地元民も多い中、大阪万博や国体開会式、海外派遣事業などを通じて全国的に知られるようになっていった。そして、歴史や世論に加えて青年会議所が行った祭り知名度に関するアンケートの上位となったこの3つを四国三大祭りと呼ぶ事となった。

二大祭り・四大祭り

しかし、四国三大祭りという呼び方は、京都三大祭り東北三大祭りのように全国的に定着していない為、旅行会社広告などでは阿波踊り・よさこい祭りを「四国二大祭り」とすることもある。

一方で、香川県高松市の「さぬき高松まつり」、愛媛県松山市の「松山まつり」などは「四国四大祭りの一つ」と称している。

愛媛県西条市では「我が西条祭りこそが四国三大祭り」だと話す市民も多い。

関連項目