actions

さぬき高松まつり

テンプレート:花火大会 さぬき高松まつり(さぬきたかまつまつり)は香川県高松市で毎年8月12日から14日に行われている祭り。

概要

さぬき高松まつりの前身は2つある。一つは1951年に「高松港まつり」として始まり、漁船のパレードや花火大会などが行われていた。これに高松中央商店街が加わり、「商工港まつり」となった。もう一つは1947年より屋島山上で行われていた「盆踊り大会」である。香川県下はもちろんのこと、四国各県や岡山県の団体も参加して盛大に行われていた。この両まつりを一つにまとめて1964年に誕生したのが「さぬき高松まつり」である。現在では3日間で約58万人の人出[1] を集める香川県下最大の祭典となっている。

雨天時、花火大会や総おどりは順延する[注 1]。なお、1973年1994年は異常渇水のため中止されている。第40回までは、8月11日から4日間の開催であった。

主管となる西日本放送の夕方ニュースでも生中継されるほか高松ケーブルテレビでは花火大会と総おどりの模様を完全生中継され、県内の他のケーブルテレビ局でも同時ネットされる。

会場

主な開催イベント

まつり前になると、地元大学生などで構成されるまつりPR部隊「ものっそ隊」が各所でPR活動を行う。また、地元商店街によるプレイベントも行われている。

花火大会・どんどん高松

花火大会・どんどん高松は8月13日にサンポート高松で行われる。高松港の海上に約12,000発の花火が打ち上げられる[2]。無料で見ることができるが、花火観覧船や特別有料席もある。長らく高松港朝日新町F地区西側岸壁沖合海上から打ち上げられたが、2013年からは高松港サンポート高松沖合海上に変更となった。2014年から高松港5万トン級岸壁に飛鳥IIが8月13日に合わせて寄港するようになった。

総おどり

総おどりは13日に中央公園で前夜祭が行われ、最終日8月14日の夜に本番が行われる。国道11号中央通り会場では伝統民謡・「一合まいた」を現代風にアレンジした「さぬき高松まつりのテーマ」にあわせて一元放送連が演舞し、高松市役所前では各自自由なオリジナルテーマで踊る自由連が演舞する。総おどりAWARDが設けられており、一元放送連、自由連それぞれで優秀な連は表彰される。

アクセス

脚注

  1. 四国新聞2010年8月15日記事
  2. “夏の華”満開/高松まつり花火大会

注釈

  1. 8月13日の花火大会が雨天の場合翌14日に順延され、同時に総おどりも15日に順延となる

関連項目

外部リンク