操作

十日町市

とおかまちし
十日町市
地方 中部地方北陸地方
甲信越地方信越地方
都道府県 新潟県
団体コード 15210-2
面積 590.39km2
(境界未定部分あり)
総人口 52,170[編集]
推計人口、2018年4月1日)
人口密度 88.4人/km2
隣接自治体 長岡市上越市柏崎市
小千谷市魚沼市南魚沼市
中魚沼郡津南町南魚沼郡湯沢町
長野県下水内郡栄村
市長
外部リンク 十日町市
 表示 

十日町市(とおかまちし)

新潟県南部,信濃川中流域にある市。1954年十日町と中条村,川治村,六箇村の 3村が合体して市制。同年吉田村,1955年下条村,1962年水沢村をそれぞれ編入。2005年川西町,中里村,松代町,松之山町と合体。中心市街地は十日町盆地の中心に位置し,江戸時代初期は高田領に属したが,中期以降会津藩の預領となり,陣屋町として繁栄した。古くから手機 (てばた) が発達し,麻織物の集散地としても発展,江戸時代中頃織物に改善が加えられて小千谷縮となった。十日町明石縮,お召など高級絹織物の全国有数の産地。中小の工場のほか賃機による生産も多い。米の産地として知られ,信濃川の支流渋海川流域では棚田が開かれている。また養鯉業も行なわれる。冬季の豪雪地の一つで,ほんやらどう,雪祭の行事は有名。市街地には雪国特有の雁木もみられる。市域の一部は上信越高原国立公園直峰松之山大池県立自然公園に属する。JR飯山線,国道117号線,353号線,403号線などが通る。


外部リンク



Rakuten 楽天市場検索: