actions

北加瀬



北加瀬
—  町丁  —
北加瀬の位置
北加瀬
北加瀬の位置
座標: 東経139度39分38.1秒北緯35.5515611度 東経139.660583度35.5515611; 139.660583
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Kawasaki, Kanagawa.svg 川崎市
幸区
面積[1]
 - 計 0.5757km2 (0.2mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 - 計 9,767人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 212-0057[3]
市外局番 044 (川崎MA)[4]
ナンバープレート 川崎
西加瀬
—  町丁  —
西加瀬の位置
西加瀬
西加瀬の位置
座標: 東経139度39分31.29秒北緯35.5612972度 東経139.6586917度35.5612972; 139.6586917
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Kawasaki, Kanagawa.svg 川崎市
中原区
面積[1]
 - 計 0.2226km2 (0.1mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 - 計 1,934人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 211-0024[5]

北加瀬(きたかせ)は、神奈川県川崎市幸区及び中原区にある地域である。中原区に編入された部分は現在「西加瀬(にしかせ)」となっている。幸区北加瀬の郵便番号は212-0057[3]、面積は0.58km²[1]、中原区西加瀬の郵便番号は211-0024である[5]

地理

地域のほとんどが住宅地だが、三菱ふそうトラック・バスの工場やJR貨物の新鶴見操車場がある。

河川

台地

加瀬山(標高約35m、一部区域は南加瀬)。夢見ヶ崎動物公園があり、南に三ツ池公園を、北は武蔵小杉方面を望むことができる。なお加瀬山周辺は急傾斜地崩壊危険区域に指定されている。

遺跡

  • 加瀬山には夢見ヶ崎古墳群、貝塚などの史跡が何箇所か存在する。

隣接地域

北加瀬

西加瀬

  • 中原区 : 木月2丁目、木月4丁目、木月住吉町、苅宿
  • 幸区 : 矢上、北加瀬

地価

住宅地の地価は2014年平成26年)1月1日に公表された公示地価によれば北加瀬2-13-12の地点で24万8000円/m2となっている。

歴史

  • 1889年 橘樹郡北加瀬村が木月村、苅宿村、今井村、市ノ坪村、井田村と合併して住吉村が成立。その大字となる。
  • 1925年 住吉村が中原町に合併する際に大字北加瀬が切り離され、日吉村に編入される。
  • 1937年 日吉村が横浜市川崎市に分割編入され、大字北加瀬は川崎市の大字となる。
  • 1969年 大字鹿島田・苅宿と共に三菱ふそうトラック・バス(当時三菱重工業)の工場敷地(字鹿島田境の大部分及び字道上・耕地の各一部)を分離して大倉町を設置(1972年中原区に編入)。
  • 1972年4月1日 川崎市が政令指定都市に昇格。大部分は新設された幸区の大字となるが、北端部(字原の一部、及び字渋川・苅宿・久保の全域)は中原区に編入され、西加瀬が新設される(地図)。
  • 1990年 住居表示が実施され、実施地域には新たに北加瀬1-3丁目の三町が設置される。
    • 北加瀬1丁目 字北ノ根の全域及び字山崎・八沼・熊野台・鹿島田境の一部
    • 北加瀬2丁目 字出口の全域及び熊野台・道上・耕地の各一部
    • 北加瀬3丁目 字耕地・原の各一部
  • 2007年12月15日 住居表示未実施地域(字山崎・八沼の各一部)が新設された新川崎に編入される。

世帯数と人口

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

北加瀬

丁目 世帯数 人口
北加瀬一丁目 2,024世帯 4,030人
北加瀬二丁目 1,216世帯 2,999人
北加瀬三丁目 1,294世帯 2,738人
4,534世帯 9,767人

西加瀬

町丁 世帯数 人口
西加瀬 985世帯 1,934人

小・中学校の学区

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6][7]

北加瀬

丁目 番地 小学校 中学校
北加瀬一丁目 全域 川崎市立日吉小学校 川崎市立日吉中学校
北加瀬二丁目 全域
北加瀬三丁目 全域

西加瀬

番地 小学校 中学校
全域 川崎市立苅宿小学校 川崎市立住吉中学校

交通

鉄道

最寄駅は新川崎駅となるが、駅に近い地区と遠い地区にかなりの差がある[8]。遠い地区では平間駅元住吉駅のほうが近くなる。

路線バス

川崎市バス臨港バスが運行されている。かつては東急バスも運行していたが、1997年に撤退した(東急バス新羽営業所#鹿島田線を参照)。本数が多いのは元住吉駅川崎駅西口新川崎駅方面となる。

臨港バス
川53川54川60川61鶴04原62元02杉51、杉52系統が乗り入れている。
川崎市バス
川63、川64、川66、川67川83系統が乗り入れている。

道路

主な施設

教育施設

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 町丁別面積(総務省統計局「地図で見る統計(統計GIS)」の数値)”. 川崎市 (2015年10月26日). . 2018閲覧.
  2. 2.0 2.1 2.2 町丁別世帯数・人口”. 川崎市 (2018年1月25日). . 2018閲覧.
  3. 3.0 3.1 郵便番号”. 日本郵便. . 2018閲覧.
  4. 市外局番の一覧”. 総務省. . 2018閲覧.
  5. 5.0 5.1 郵便番号”. 日本郵便. . 2018閲覧.
  6. 川崎市立小学校の通学区域”. 川崎市 (2015年4月1日). . 2018閲覧.
  7. 川崎市立中学校の通学区域”. 川崎市 (2015年4月1日). . 2018閲覧.
  8. 北加瀬1丁目で徒歩4~10分、北加瀬2丁目で10~16分、北加瀬3丁目で12~19分程度かかる。

関連項目

外部リンク