actions

八田広子

八田 広子(はった ひろこ、1946年4月9日 - )は、日本政治家。元日本共産党参議院議員日本共産党中央委員会委員[1]八田 廣子八田 ひろ子とも。

来歴

愛知県名古屋市出身。愛知県立瑞陵高等学校卒業。三井信託銀行(現三井住友信託銀行)勤務を経て、1975年岡崎市議会議員選挙に出馬し、初当選。3期連続で当選。

1983年11月に岡崎市議を辞職。同年12月18日執行の第37回衆議院議員総選挙旧愛知4区から出馬するが落選。1986年7月6日執行の第38回衆議院議員総選挙に旧愛知4区から出馬するが落選。

1987年愛知県議会議員選挙の告示日の2週間前、岡崎市選挙区(定数4)の共産党現職の田中定雄が病にたおれる。後継として出馬し[2]、順位2位で初当選。しかし1991年県議選1995年県議選では落選する。

1998年7月12日執行の第18回参議院議員通常選挙に、愛知県選挙区から日本共産党公認候補として立候補し、当選。

2004年7月11日執行の第20回参議院議員通常選挙2007年7月29日執行の第21回参議院議員通常選挙に、愛知県選挙区から出馬するが落選。2009年8月30日執行の第45回衆議院議員総選挙に、愛知12区から出馬するが落選。2011年2月6日執行の名古屋市長選に、無所属(日本共産党推薦)で立候補するが、現職の河村たかし減税日本公認)に敗れ落選。

政策

  • 減税は庶民減税が望ましい。「金持ち減税」はよくない、としている。
  • 選択的夫婦別姓制度導入を支持[3]2000年には、八田ら超党派女性国会議員50名が、夫婦別姓選択制を求めて内閣総理大臣(当時)の森喜朗に申し入れを行った。申し入れでは、「とくに若い世代では、夫婦別姓選択制を望む声が高まっています。政府には、世論を喚起するなど、夫婦別姓選択制を導入するための努力を望む」としている[4]

脚注

参考文献

関連項目

外部リンク