actions

九月虐殺

Massacre de septembre

フランス革命期の 1792年8月 10日から9月にかけての「第1次恐怖政治」の頂点をなす事件。9月2日以来アベイ,ラフォルス,コンシェルジュリなどの監獄にあった反革命容疑者約 1200人がパリの民衆によって虐殺された。当時の司法相であった G.ダントンはこの事件を直接には指揮しなかったが,民衆の行動を黙認し,責任の所在を問わなかった。