actions

三皇五帝


三皇五帝(さんこうごてい)は、古代中国の神話伝説時代の8人の帝王[1]

三皇と五帝に分かれ(誰が該当するかについては諸説ある)、三皇五帝聖人としての性格を持つとされ、理想の君主とされた。

伝説では、最初の世襲王朝・より以前の時代とされる。

三皇

三皇については諸説あるが、以下のような5説がよく知られている。

  1. 天皇地皇泰皇人皇ともいう) - 前漢司馬遷『史記』秦始皇本紀において皇帝という称号を定める文脈でこの三皇が挙げられており、泰皇の「皇」と「帝」号を組み合わせて皇帝としたと伝えられている。ただし、ここでは「三皇」という語でまとめられていない。注釈である司馬貞史記索隠』では泰皇=人皇としたり、天皇・地皇・人皇を三皇としてその前に泰皇がいたとしたりする。司馬貞が補った『史記』の三皇本紀(補三皇本紀または補史記という)では三皇を伏羲女媧神農とするが、天皇・地皇・人皇という説も並記している。
  2. 伏羲神農女媧 - 『春秋緯運斗枢』(『風俗通』皇覇篇に引く)。唐の司馬貞補『史記』三皇本紀もこれを継承する。
  3. 伏羲・神農・燧人 - 『礼緯含文嘉』(『風俗通』皇覇篇に引く)
  4. 伏羲・神農・祝融 - 後漢班固白虎通』号篇
  5. 伏羲・神農・黄帝 - 西晋皇甫謐帝王世紀

最初に表れるのは天皇・地皇・人皇という天地人三才に由来する抽象的な存在であるが、後には人類に文明をもたらした文化英雄が名を連ねる。これらは前漢末から隆盛した神秘主義的な讖緯思想によって半獣半神の姿をしたとして描かれている。なお伏羲と神農に関しては早く『周易』繋辞下伝にを使って文明をもたらした聖人として黄帝に先行する存在として描かれているのであるが、これを三皇に入れ、三皇を歴史的な帝王として五帝の前に置くことが固定化するようになったのは以後のことと考えられる。

五帝

誰をもって五帝となすかは下の表に示してあるように様々であり、その話の内容に付いても様々な前後矛盾がある。『史記』「五帝本紀」に於いて五帝を一応歴史の範疇内に置いた司馬遷であるが、「黄帝伝説は史実とは思っていないが、黄帝伝説のあるところに限って共通の民俗風土があり、いくばくかの史実が紛れ込んでいることは否定できない。よって、これらを記録することに価値を見出すものである」と断りを入れている。

伏羲 神農 太昊 炎帝 黄帝 少昊 顓頊 出典
1 2 3 4 5 『大載礼記』・『史記
1 2 3 4 5 戦国策』・『易経
1 2 3 4 5 礼記』・『淮南子
1 2 3 4 5 世経
1 2 3 4 5 三統経
1 2 3 4 5 資治通鑑外記

皇帝という称号の発祥

紀元前221年、始皇帝(当初は秦王)嬴政は、他の6国を攻め滅ぼし中国統一した後、それまでの「王」という君主の称号より上位の称号を王綰李斯ら重臣達に諮問させた。重臣達は、古代の五帝を超越したとして三皇のうち最上位である「泰皇」の称号を使うよう推挙したが、嬴政は自分がこの三皇五帝より尊い新たな存在であるという考えから、皇と帝を合わせた「皇帝」と言う新しい称号を造語し、自分に対する呼び名として使った(『史記』など)。

以降、中国の支配者は皇帝を名乗ることになる。

脚注

関連項目