actions

レトーン

世界遺産 クサントス-レトーン
トルコ
英名 Xanthos-Letoon
仏名 Xanthos-Letoon
登録区分 文化遺産
登録基準 (2),(3)
登録年 1988年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
表示

レトーンは、ギリシア神話に登場する女神レートーの名前に由来する古代アナトリアリュキアの聖域である。クサントスとともに、1988年UNESCO世界遺産に登録された。現在のアンタルヤ県に位置している。

レトーンにおける考古学研究では、レトーン遺跡の始まりは、紀元前6世紀であるとされる。これは、古代ギリシアがレトーンを征服して支配した紀元前4世紀よりも早い。

ヘレニズム時代のレートー、アルテミスアポローンの神殿は1962年に発掘された。レトーンで発見された遺物の多くが、古代ギリシア語リュキア語アラム語で書かれており、このことがリュキア語の解読に大いに寄与している。

レトーン遺跡は、古代ローマの時代まで活発であった。キリスト教化も早期に行われ、レトーン遺跡のは教会の建設に用いられた。しかし、7世紀にはレトーン遺跡は、放棄されたとされる。

外部リンク

テンプレート:トルコの世界遺産