actions

パッションフルーツ



パッションフルーツ(和名:クダモノトケイソウ(果物時計草))は、アメリカ大陸の亜熱帯地域を原産とするトケイソウ科果物である。

名称

和名は時計のように見える特徴のある花のトケイソウの仲間で、果物を実らせるである事に由来する。 英語では、トケイソウを passion flower と呼ぶことから passion fruit の名がある。 なお、この passion に「情熱」の意味はない。詳しくはトケイソウ#名前を参照のこと。

本場ブラジルでは maracujá(マラクジャ)と呼ぶほか、中南米各地で granadilla (グラナディリャ)、ハワイでは lilikoʻiリリコイ)などと呼ばれ、土地それぞれの栽培品種が流通している。中国語名は、英語名の「パッション」の当て字+「果」で 百香果 (パイシャングオ、拼音: bǎixiāngguǒ)。

植物学上の特徴と分布

500種類以上もあるトケイソウ科の仲間で、南米を中心に分布している。熟したパッションフルーツは球状又は卵形で、堅い表皮は滑らかで黄色か濃紫色、赤色など、内部に小さくて堅い種を多く含み、黄色いゼリー状の果肉と果汁がある。果汁及び果肉は強い香気をもつものが多い。

栽培

2010年現在では、実を食用とする数十種の中から選抜され品種改良された種が、世界の熱帯から亜熱帯地域の広範囲で栽培されている。ブラジルが最大の生産国で、その周囲の中南米での栽培が主流になっている。近年、ミャンマー北部のゴールデントライアングルでケシ(アヘン)の代替作物として栽培が増えており、ヨーロッパ市場へ進出している。また、台湾など東南アジア圏でも栽培されている。

日本では、古くは奄美を中心とした南西諸島や東京の島嶼部、鹿児島県沖縄県を中心に栽培されている(栽培面積・生産高ともに鹿児島県が日本一)が、熊本県岐阜県東京都長野県栃木県福島県など各地で栽培が盛んになっている。これら栽培はほとんどがハウスを利用したものだが、露地栽培も可能であり、昔から各地で栽培されていた。近年は、千葉県岐阜県でも露地栽培されている。

日本国内の栽培は概ね紫玉、黄玉、中間交配種の3つに分かれ、生食用では甘みの強い紫玉の需要が多い。黄玉は性質強健で果汁の多い物が多く、世界的に加工用原料としての栽培が多い。

生育には一定の温度が必要で、越冬には最低でも4℃以上の温度が必要である。亜熱帯植物のわりに高温を嫌い、30℃以上の気温が続くと、高温障害を起こし、花芽や未熟果を落下させることがある。

開花・受粉から14日で玉伸びを終え、その後45日で完熟、自然落下する。収穫は自然落下したものを回収する(もしくは軽く触れると落下する程度)。蔓ごとに一番花は、人工授粉で、確実に受粉を行うのが栽培の要諦であり、開花を誘導する技術、多収量の元苗の作り方などにノウハウが形成されている。自然界では、トケイソウ科の花の花粉媒介者はクマバチ類が有力であるケースが多いことが知られ、パッションフルーツの花にもよく訪花し、受粉を手伝っている[1]

食利用

そのままスプーンですくって種ごと食べることが多い。追熟(皮の表面が皺になる程度)すると甘みが増す。

東南アジアなどでは、多くはそのまま果肉をスプーンを使い、掻き出して食べる。は噛まずに喉ごしを楽しむ人々も多い。

日本国内では、生食以外、希釈用のジュースジャムとして特に南西諸島での人気が高い。世界の生産量9割が加工品として利用されており、香料ジュースなどとして流通している。主に他のジュースの香り付けやケーキゼリーなどの洋菓子類、カクテルベース等需要が急増中である。

加工に当たっては、過度に加糖したり、フィリピン産の原産地表示を故意に怠るなど、問題も見られる。

ギャラリー

花  
未熟果  
果実を二つに割ったところ  

脚注

  1. 日高敏隆監修『日本動物大百科10 昆虫III』平凡社1998年

外部リンク