操作

ステップ気候

ファイル:Koppen World Map BSh BSk.png
ステップ気候の分布図
  BSh
  BSk

ステップ気候(ステップきこう)とはケッペンの気候区分における気候区のひとつで、乾燥帯に属する。記号はBSで、BShとBSkに分かれる。BSのSはドイツ語のSteppe(ステップ)に由来する。

アリソフの気候区分では気候帯4-1.亜熱帯大陸性気候に相当する[1]

特徴

BSk気候の地域では,黒や栗色の土壌(チェルノーゼム)に、ステップとよばれる丈の短い草原が広がる。年間を通して降水量は少なく雨季には少量の雨が降る。昼と夜の気温差が激しい。

条件

最暖月の平均気温が10℃以上であり(寒帯では無い)、年平均降水量が乾燥限界 [math]r[/math]には満たないが[math]r[/math]の半分以上である地域であり、

以下の式から求められる。条件に当てはまればステップ気候となる。

年間平均気温を[math]t[/math](℃)とし、年平均降水量(mm)が[math]0.5r=10(t+x)[/math]以上かつ[math]r=20(t+x)[/math]未満を満たす。

[math]x[/math]は以下の降水パターンの条件によって決まる。

[math]x=14[/math] w(冬季乾燥/夏雨) 最多雨月が夏にあり、10×最少雨月降水量<最多雨月降水量
[math]x=0[/math] s(夏季乾燥/冬雨) 最多雨月が冬にあり、3×最少雨月降水量<最多雨月降水量かつ最少雨月降水量が30mm未満
[math]x=7[/math] f(年中湿潤/年平均降雨) wでもsでもない

上記の条件を満たすとき年平均気温が18℃以上ならBSh、18℃未満ならBSkとなる。

分布

分布地域

主に砂漠気候からサバナ気候温帯湿潤大陸性気候への移行地域に分布(砂漠気候を囲むように分布)

典型的な都市

この気候区に属する都市には以下のようなものがある。

気候の特徴

一年中あるいは乾季のみの間中緯度高圧帯の影響下に入るため、日本で言う秋晴れのような乾燥した晴天が続く。雨季にはある程度の雨が降るが、年間平均降水量は250 - 750mmとやや少なめである。

植物の自生は可能であるが森林ではなく、草原になる。また、特にサヘルアラル海周辺などでは過放牧や過耕作、水源の枯渇などにより砂漠化(土地の不毛化)が進んでいる。

土壌と植生の特徴

黒色土チェルノーゼムプレーリー土)、栗色土などの肥沃な土壌が分布している。そのため、灌漑によって耕地化されている地域もある。

産業の特徴・その他

農業が主産業となっている地域が多い。企業による計画的な大規模農業もあるが、個人や集落単位での農業も盛んである。

脚注

  1. 矢澤(1989):354ページ
  2. 二宮書店編集部、2017、『詳解現代地図』、二宮書店 ISBN 978-4-8176-0397-5 平成29年度版

参考文献

  • 矢澤大二『気候地域論考―その思潮と展開―』古今書院、1989年11月20日、738pp. ISBN 4-7722-1113-6

関連項目