actions

ココスジャパン

ファイル:COCO'S Ibaraki Sawaragi.JPG
ココス茨木沢良宜店

株式会社ココスジャパンCOCO'S JAPAN CO., LTD)は、東京都港区に本社を置く1978年昭和53年)設立のファミリーレストランチェーン。日本国内でファミリーレストラン「Coco's」(ココス)を展開している。ゼンショーホールディングス連結子会社

概要

Coco's」(ココス)をブランドとして展開しているファミリーレストラン。

元々「Coco's」は、アメリカのファーウェストサービスインク(現:ココスレストランズインク)が有しているチェーンレストラン事業のブランドネームであった(en)。日本では、茨城県食品スーパーカスミのフード・外食部門を手がけていた株式会社ろびんふっど(1978年設立、後にココスジャパンに商号変更)が、ファーウェストサービスインク社からのライセンシーの元で、提携先のコンセプトに基づくカリフォルニアスタイルのレストランとして、1980年(昭和55年)に1号店をオープンしたものである。カスミグループ時代は、関東各地(特に本部のある茨城県や隣県の千葉県の郊外幹線道路などへのドミナント出店)で多数の店舗を展開していた。当初のココスは完全なアメリカンスタイルの食事を提供するレストランであったが、徐々にメニューが変更され、ハンバーグなどを中心とする日本型ファミリーレストランへと転換していった。

事業再編

2000年平成12年)、カスミの事業再編・スーパー事業への特化により、すき家などを運営するゼンショーグループにココスを含む系列のレストランと共に売却された。ゼンショーの傘下となったことに伴い、本社を東京都港区に移転(ココスの製造・物流部門である「ココスカリナリーシステム」は茨城県土浦市に残存)。カスミは2003年(平成15年)にイオングループ入りするが、営業譲渡はそれ以前のことであるため、イオンとの資本上のつながりは過去を含めてもない。

ゼンショーグループ入り

ゼンショーのグループに入ったことで、「ココス」はゼンショーのファミリーレストラン事業の中核として位置づけられた。ゼンショーによるM&Aもあって急速に規模を拡大。

2002年(平成14年)にファミリーレストラン「CASA」の郊外型店舗120店を西洋フードシステムズ(現:西洋フード・コンパスグループ)から買収、うち105店をココスに転換。それまで手薄だった神奈川県や東海地区・関西地区の店舗網を得ることになった(西洋フードシステムズの社員・アルバイトも、希望者はそのままリニューアル店舗に継続採用された)。2006年(平成18年)に北海道にも進出し、2007年(平成19年)には同じゼンショーグループのサンデーサンの運営するファミリーレストラン「サンデーサン」のうち関西・中国・九州の52店舗をココスに転換し、中国地方(後述の通り広島県には再出店)・九州地方への出店を開始。旧サンデーサン店舗はココスジャパンの完全子会社の株式会社CSが運営していたが、2009年(平成21年)9月30日に株式会社CSを合併し、現在は直営店舗となっている。

このほか、北陸全域・関西の一部及び岐阜県の地区では平和堂の子会社である株式会社ファイブスター滋賀県彦根市)が、四国地区(香川県を除く)を株式会社サニーフーヅ(高知県高知市)が、いずれもココスジャパンからのフランチャイズ方式で運営している。 ファイブスター運営の店舗はココスジャパンのサイトの店舗紹介でファイブスター運営であることが明記されている。

かつては、静岡地区においては1980年代後半、ヤオハン(ヤオハン・ジャパンより商号変更、のち倒産。現:マックスバリュ東海)の事業多角化の一環として「ヤオハンココス」の名称でフランチャイズ進出(のちに一旦撤退し、再進出)したほか、中国地区においては1990年代イズミが子会社「広島ココス」によりフランチャイズで展開したのち1993年(平成5年)に一旦撤退。その後、サンデーサンから営業譲渡を受けた店舗の改装オープンによりココス店舗が復活している。なお、広島ココスは1993年(平成5年)にサンデーサンと合併し、当時からの店舗は複雑な経緯をたどっている。

2017年(平成29年)9月12日に鹿児島県へ初出店したことにより、全都道府県への出店を達成[1][2]

一部店舗では、朝食バイキングドリンクバー付き)[3]、朝食メニュー[4]を実施している。

沿革

  • 1978年 - カスミのフード部門として株式会社ろびんふっど設立。茨城県土浦市に「ろびんふっど」1号店(土浦店)を出店。
  • 1980年 - 米ファーウェストサービスインク社とライセンス契約、ファミリーレストラン「ココス」1号店(中貫店)を出店。
  • 1986年 - 焼肉レストラン「宝島」1号店(天川店)を出店。
  • 1987年 - 社名を株式会社ココスジャパンに変更。
  • 1988年 - メキシカンディナーレストラン「エルトリート」1号店(西葛西店)を出店。
  • 1998年 - 中華人民共和国北京市に「ココス」北京広安門店を出店。
  • 2000年 - カスミの本業特化のためほか数社と共に売却が決定。7月 ゼンショーの傘下へ。
  • 2002年 - 経営再建中の西洋フードシステムズ(現:西洋フード・コンパスグループ)よりCASAの郊外型店舗120店を48億円で譲受。
  • 2006年 - 親会社であるゼンショーグループの再編に伴い、「宝島」および「エルトリート」部門を簡易会社分割方式により子会社化(株式会社宝島・株式会社エルトリートジャパン)、両子会社の株式のそれぞれ50%および連結子会社であった「ビッグボーイジャパン」の全株式とはま寿司の保有株15%をゼンショーに譲渡。ココスは経営資源をファミリーレストラン事業に集約。
  • 2007年 - 同じゼンショーグループの株式会社サンデーサンの店舗のうち、関西・中国・九州の52店舗を運営していた株式会社CS(株式会社サンデーサンによるサンデーサン事業部門に係る会社分割によって設立された会社)を完全子会社化。これらの店舗を順次ココスへ転換。
  • 2008年 - 株式会社宝島・株式会社エルトリートジャパン・株式会社はま寿司の株式を全てゼンショーに譲渡。
  • 2009年 - 株式会社CSを吸収合併。
  • 2015年 - 7月1日付でエルトリートの5店舗をエイ・ダイニング(ゼンショーホールディングスの完全子会社)から譲り受ける[5]
  • 2016年 - キャンペーン用としてTwitterアカウントを開設[6]
  • 2017年 - 9月12日に鹿児島県初出店となる「鹿児島宇宿店」開店により、全都道府県の出店を達成。

運営のチェーン店

  • ココス - ファミリーレストラン
  • ナチュラルグリルCARRO - ファミリーレストラン・独立店舗ではなく主にイオン内のテナントとして出店
  • メキシカンレストラン「エルトリート」

かつての主なグループ会社

以下の3社はココスジャパンが出資する持分法適用関連会社だったが、2008年4月にいずれもゼンショーへ株式を譲渡している。

  • 株式会社宝島 - 焼肉レストラン
  • 株式会社エルトリートジャパン - メキシカンディナーレストラン[注 1]
  • 株式会社はま寿司 - 回転寿司チェーン店

主なスポンサー番組

終了番組を含め、すべてテレビ朝日系列。かつては店舗が展開されていない地域でも差し替え無しでCMが放送されていた。

現行番組
終了番組

コラボレーション

ドラえもん
ゼンショーグループ入り後に、イメージキャラクターとして使用される。ドラえもんの声は2005年以前は大山のぶ代が、2005年以降は水田わさびが担当。過渡期ではCM画像は同じ(アニメ版第2作第1期の絵)で、声のみを差し替えたものも存在する[7]
ラブライブ!
描きおろしイラストの公開や限定グッズ付きメニュー・通販限定グッズの販売を実施(2016年)。
ガールズ&パンツァー
主人公たちが通う架空の高校「茨城県立大洗女子学園」の所在地がココス発祥の茨城県であることから、コラボレーションを開催。描きおろしイラストの公開や限定グッズ付きメニュー・抽選プレゼントキャンペーンを実施。また、大洗店に限り限定コラボメニューやパネルなどによる店舗内外の装飾を実施(2017年)。

脚注

脚注

  1. 2015年にエルトリート事業はココスに戻ってきた。

出典

  1. 流通ニュース (2016年1月8日). “ココス/未出店エリアを中心に、年10~20店程度出店”. . 2017年7月20日閲覧.
  2. 鹿児島宇宿店 [COCO'S ココス ~おいしくたのしいレストラン~ | 店舗検索](ココス 2017年7月20日)
  3. ココスの朝食バイキング(ドリンクバー付き)[COCO'S] ファミリーレストラン ココス(2016年8月6日閲覧)
  4. 朝食メニュー[COCO'S] ファミリーレストラン ココス(2016年8月7日閲覧)
  5. 平成28年3月期 第2四半期決算短信 (PDF, 2015年11月04日発表 4ページ目 1.当四半期決算に関する定性的情報より)
  6. 【公式】ココスキャンペーン(@cocos_campaign)の2016年1月12日のツイート
  7. ココスCM 大山のぶ代→水田わさび - Youtube、2016年9月8日閲覧

外部リンク

テンプレート:ゼンショー テンプレート:ファミリーレストラン